Pinto Hoste (ピント ホステル)宿泊レビュー タイ-バンコク

2019年6月にタイのバンコクで泊まった、Pinto Hoste。

バンコクの中でもきれい目な安宿が割と固まっている地域であり、BTSのRatchathewi(ラチャテウィー駅)より徒歩5分ほどの距離にあるホステルだ。

この時はバンコクでの最終宿泊地だったので、帰りのドンムアン空港にアクセスしやすい場所ということでこの場所に決めた。

ここの最寄り駅からBTSに乗り北に位置するモーチット駅まで行き、そこから空港行きバスに乗り20~30分ほどでドンムアン空港に着くので、乗り換えが少なく便利な場所だと思う。

 

今回もいつも使っているBooking.comにて宿泊予約を行った。館内画像などは下記から閲覧ができる。

Pinto Hoste (ピント ホステル)

 

Agodaを普段ご利用の方は、こちらのページより同様に詳細を見ることが可能だ。

Pinto Hoste (ピント ホステル)

 

Pinto Hosteの場所

 

↑グーグルマップでいうと、ピントホステルの場所は大体この辺り。

 

BTSのRatchathewi(ラチャテウィー駅)を降りて、東側の階段を降り北側に進むと大きな通りが交差する場所が出てくるのでそれを北側に渡る。

そして右手(東側)に曲がってまっすぐ進んでいくと、Soi9の青い看板が見えてくる。

 

この看板が見えたら左に曲がってすぐの場所左手にピントホステルはある。

 

白い壁を進んでいくとこんな感じで、木の扉があり大きな建物の1区画がホステルとなっている。

 

ホステル受付と1階共用スペース

 

到着したこの日、ウドーンターニーからの夜行バスでバンコクへと移動をし、朝の7時ごろホステルに到着をした。

しかし、玄関が開く(受付時間)のが8時から22時と言う事で、カードキーを持っていなかったので中に入ることが出来ず、近くのカフェで少し時間をつぶすこととなった。

早朝や、深夜に到着の場合は事前に連絡をしてチェックインについての連絡を詳しく効いておいた方がいいだろう。

一度チェックインしてしまえばカードキーが受け渡されるので深夜での外出も全く問題なかった。

 

ちなみに、その時時間をつぶした近くのカフェについてはこちらより。

 

 

 

建物の1階は共有スペースとなっており、チェックイン前後のゲストの荷物を置いたり、ソファーなんかが置かれており、滞在中は日中も比較的人が居て、まったり時間を過ごしていた印象だ。

このような壁があるスペースも2か所用意されていた。自分で持って来たノートPCを使うのにはぴったり。

 

奥にはキッチンがあり、朝食も朝8時から昼12時までの時間、ここで食べることが出来る。

トーストやシリアルに、バナナ、スイカなどのフルーツが置いてありシンプルな内容。

 

キッチンの棚には無料のコーヒー、紅茶、ビスケットがそれぞれ置かれており24時間頂くことが可能だ。

 

お昼過ぎて外出先から戻ってくると、日によってクッキーやマフィンがキッチンに置かれており、これらも無料で頂くことが出来た。

そしてこのクオリティがかなり高くて、毎日帰ってくる楽しみが増える、そんなうれしさも感じることが出来る。

 

共用の冷蔵庫もあるので、飲み物やちょっとした食料も置いておける。

またランドリーのサービスも別途有料40バーツ(約140円)であるので便利だね。

 

宿泊したドミトリー部屋について

 

ドミトリー内はこんな感じ。

この時宿泊したドミトリーは8人ドミトリータイプで、自分が利用したときは1泊340バーツ(約1190円。1バーツを3.5円で計算)で、上記に紹介をしている朝食付きだった。

チェックインの際に、建物への出入りで使うカードキーとドミトリー内へ入るカギ、ロッカーのカギを受け取って入室。

ちなみにデポジットは200バーツ(700円)で、カギをなくさなければチェックアウトの時に返却される。

バスタオルも1枚付属しているので、タオルを持ち歩いていなくても大丈夫なのも嬉しいポイントだ。

 

ベッドの様子はこんな感じで、マットレスも厚めでなかなか寝心地は良かった。

またカーテンもついているのでプライバシー性は高い。

エアコンも程よい温度で付いているので、日中でも快適に過ごすことが出来た。

 

ベッドスペースにある電源関係は室内灯のスイッチと、コンセントが2口付いている。

それと小さいけど小物入れもあるのでスマホなんかを置くのに適しているだろう。細かい配慮がされていてなかなか好印象だ。

 

ドミトリー室内にあるロッカーは比較的大きく、大型のザックでも入るサイズなので荷物が多い人でも安心。

 

しかも驚いたのが、このロッカー内に電源があること!

PCやカメラの充電なんかを外出中にもできるので、とても配慮されていて素晴らしいと思った。こんなの他に見た事ないよ~。

 

バストイレなど

 

シャワーの水圧は必要十分という感じで、水温は熱々のお湯もバッチリ出る。

シャンプーとボディーソープも備え付けで置かれていたので便利だった。

 

バスルームとトイレ共に男女共用で使うタイプ。

これらの水回りも清掃が行き届いている感じで、清潔感は非常に高いと思った。

 

ドライヤーも完備。

 

洗面所も各フロアについており、綿棒やコットンなどが置かれており、サービスが行き届いてるなぁと感じる。

 

屋上は狭いながら、ちょっとしたスペースがあり、洗濯物もここで干すことが出来そうだ。

 

Pinto Hosteの予約はBooking.comで行い、サイト内での評価は9.6ポイントとなっている。

Pinto Hoste (ピント ホステル)

 

Agodaでのページはこちら、サイト内での評価は9.7ポイントとなっている。

Pinto Hoste (ピント ホステル)

 

総評

 

今回はタイのバンコクでの宿泊となり、総合的にはかなりオススメできるホステルだと思う。

立地は比較的中心地でとてもよく、ホステル内の設備や清掃具合もかなりレベルは高く感じた。バンコクの中でも本当にクオリティは高く感じドミトリー初心者の方でも安心して利用が出来る宿だろう。

各予約サイトのポイントの高さも十分理解することが出来た。

スタッフも聞きやすい英語で対応をしてくれ、またとても親切なのもポイントが高くて好印象だ。

 

価格   : ★★★★☆ この質と立地だと、かなりお手頃だと思う (ドミトリーを340バーツ/泊で利用)
立地   : ★★★★★ バンコクの中心地なので、観光などいろいろと使い勝手は良く問題なし
設備   : ★★★★★ 設備は全体的に綺麗で清掃もされており使用に不具合は全くなかった
雰囲気  : ★★★★★ 共有スペースでの雰囲気も良く居心地は○、またスナックの豊富さに圧倒
スタッフ : ★★★★☆ きちんと対応をしてくれ、丁寧で優しい感じが伝わった
お勧め度 : ★★★★★ バンコク中心地ではかなりおすすめができる、清潔で便利なホステルだった
 

名称 –Pinto Hoste

住所 – 511/2 Soi9, Phetchaburi Rd, Thanon Phaya Thai, Ratchathewi, Bangkok 10400 タイ

最寄り駅 – BTSのRatchathewi(ラチャテウィー駅)より徒歩5分ほど