チェンマイ アルーンライ(Aroon Rai Restaurant)の美味しカオソーイを食べた

チェンマイの有名な料理として名前が挙がるのが、カオソーイだろう。

カオソーイとは、カレースープに卵麺を入れ、カリカリの揚げ麺が上に乗っている麺料理。
この平太麺の卵麺のツルツルしたコシのあり食感が非常に好きだ。
カレースープにはココナッツミルクが加えられていて、タイっぽい味だが辛くもなく食べやすい料理だと思う。

ここチェンマイでも有名なカオソーイ屋さんがあるということで何件か探して、一番宿から近いお店に行ってみることにした。

お店の名前は「アルーンライ」(Aroon Rai Restaurant)。
ターペー門のすぐ近くで、南に向かって徒歩2~3分ほどの位置にある。

 


↑場所はこの辺。道路の左側にあり、水色と白色の垂れ幕があるので目印になる。

 

▼お店の外観

↑看板自体は少し小さめだが、お店自体は結構広いので前述の垂れ幕もあるのでわかりやすいと思う。

 

▼店内の様子


↑奥に広く余裕で50席以上はあるだろうか。御覧の通り、お堀横の道路のすぐ横にある。
お店についた時間はお昼の12時前だったので、店内は比較的すいていた。
しかし、昼頃には満席になるくらいの人気店のようだ。

 

↑店内には昔のお酒のボトルがずらりと並んでいた。

 

▼メニュー一部


↑今回注文したカオソーイ(左上のメニュー)。ほかにもカレーなどおおくのメニューがあった。
カオソーイが目的だったので、それといつもの空心菜炒めを頼むことに。

 

注文した、カオソーイガイ(鶏肉入り)55バーツ(約187円)、替え玉20バーツ(約68円)、空心菜炒め60バーツ(約204円)。

カオソーイを食べてみると、確かにいろいろなサイトで評価されているように、濃厚なカレースープにもちもちの卵麺がすごくマッチしていてめちゃくちゃおいしい。
チェンマイで何回か他のお店でもカオソーイは食べたが、一番おいしく感じた味だ。

普通サイズでは少し少なかったので、おかわりの麺も注文して丁度良い量となった。

空心菜炒めは相変わらずおいしい。目立ったおいしさはなかったがいつもの安定の味、という感じがした。

チェンマイに次ぎいつ行けるかわからないが、再訪したときは間違いなくまた行くお店だろう。
次は他のメニューも食べてみたいな。

ごちそうさまでした。

カオソーイガイ:55バーツ
空心菜炒め :60バーツ
卵麺 :20バーツ
また行きたい度:★★★★★(星5つ)

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

店名:Aroon Rai
住所:45 Kotchasarn Rd, Chang Khlan, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50100 タイ
TEL:ー
営業時間:12:00~21:30
定休日:不明
URL:ー

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★