バンコクからパタヤまでのバスでの行き方紹介

バンコクにある東バスターミナル(BTSエカマイ駅)から、約150キロ離れた南東部のリゾート地であるパタヤまで行ってきた。

パタヤまでの行き方としては、
①タクシー
②バス
③ロットゥー(ミニバン)
とあるが、タクシーは2000バーツ程度で楽ながら高額。
ロットゥーは運転が荒い人が多く、場合によっては下道でお客さんを探しながら行く場合があり、非常に時間がかかったことがあった。
なのでバンコクからパタヤ行きには、もうそれ以降使っていない。

という事で、バンコクからパタヤに行くときは、決まって大型バスでの移動をしている。
北バスターミナルのモーチットや、南バスターミナルのサイタイマイでもパタヤ行きのバスを見たが、パタヤ行きのバス本数も多くバスターミナルまでのアクセスが楽な、エカマイからの行き方を紹介する。

 

▼エカマイ駅

BTSとMRTが交差する、BTSアソーク駅から東に向かって3駅なので、かなり中心地に近くアクセスがしやすい場所だ。

エカマイ駅を降りると、②番出口に向かう。この出口がバスターミナルへの最寄りとなる。

 

▼駅構内の看板

 

▼改札を出たあとの通路

↑2番出口方向に進むと、3方に分かれるが左の階段を降りる。

 

↑バスターミナルとは反対方向に降りる形になるので、降りきったら前の道路は渡らずUターンをして進む。

 

↑Uターンするとバイクタクシー乗り場が右手にあるので、それをスルーしてまっすぐ進む。

 

↑抜けると、数件の食堂とセブンイレブンが見える。
バスチケットを買って時間がある場合はこの辺で食事、お菓子などを買うのがいいだろう。

 

▼東バスターミナル(エカマイ)

このようなバスターミナルが見えるので、中に入ってチケットを買う。
中はコの字型でチケットブースがあり、正面から見て右側一番手前にある28番ブースで、パタヤ行きのバスチケットを取り扱っている。

 

▼パタヤ行きのチケットブース

料金は1人108バーツ。(約367円。1バーツを3.4円で計算)

 

↑出発時刻は、ブース左下に赤字で掲示されているので非常にわかりやすい。

奥にもパタヤ、パタヤと叫んでいる人がいるが、こちらはロットゥー(ミニバン)になる。
こちらは満席にならないと出発せず、高速道路で行く場合も結構スピードを飛ばすし、下道を使いすごく時間がかかり向かわれたこともあり、良い印象がなく3回ほど使ってからは利用していない。

その代わり下車地についてはかなり融通が利くようなので、途中降りたい場所を指定したいローカルのお客さんが目立った。
一長一短だが、短期旅行者は色々交渉も難しいだろうし、選択肢に入れなくてよいと思う。

ロットゥーの料金は100バーツだったと思う。料金についてはバスとさほど違いはない。

 

▼購入したバスチケット

バスチケットには出発時刻(上記では14:20)、バス番号(上記では48-40)、座席番号1番となっている。
このチケットを持ち、出発時間の10分前に乗り場に行くとよい。

 

▼一本前のパタヤ行きバス

乗り場に居るバスが、何時出発かが分かりやすく案内されているので、間違わないだろう。
バスの正面と横にも、どこからどこ行きか大きく書かれているので、旅行者にとっては非常に分かりやすくありがたいと思う。

 

▼自分の乗るパタヤ行きバス


時間表記が自分のチケットの時間のものになり、同じバス番号のものが乗り場に入ってきた。
ドアが開き、チケットを見せ指定のシートに座って待つ。

今までスーツケースなどの預け荷物を、パタヤに持って行ったことは無いが、1人1つ20キロまでの重さで別途20バーツがかかるようだ。
チケットブースではなく、バスの車掌に荷物を渡すとき払っている光景を見た。

ゲストがきちんと集まり、定刻に出発。
ちなみにこのバスは途中休憩はしないので、飲み物やお菓子が必要な人は買って用意しておき、またトイレがあるバスとないバスがあるので、トイレも済ませておく方が良いだろう。

バスは順調に進み約2時間10分で、パタヤのバスターミナルに到着した。

 

▼パタヤ北バスターミナル

 

▼パタヤ北バスターミナル内

パタヤのバスターミナルで降ろされ出口に向かうと、ソンテオと呼ばれる相乗りタクシーが待っている。
パタヤ内の宿泊施設には、ソンテオかバイクタクシーで向かう事になるだろう。

ソンテオは1人50バーツで、今回乗車したゲストの範囲では、北はパタヤSoi1、南はウォーキングストリート付近、西はソイブッカオ(LKメトロ付近)まで送っていたので、大体の範囲で50バーツで送ってくれるだろう。
あまりに遠いと追加料金、もしくは乗車拒否をされるのかもしれないな。

バイクタクシーは1度だけ使ったことがあるが、ソイブッカオ(LKメトロ付近)付近で100バーツくらいだった。
当然自分一人なので移動時間は早いが、やっぱり高く感じるのでそれ以降はソンテオを使用している。

 

▼今回同乗したゲストの送り先エリア

右上のパタヤ北バスターミナルから赤枠の範囲内なら、1人50バーツで送ってくれた。

他にも、パタヤ中心部を流して走っているソンテオに乗りついで行く方法もあるが、荷物がある場合は素直にバスターミナルのソンテオを使った方が楽だろう。
街中を流して走るソンテオは1回10バーツなので、乗り継いでうまくいけば10~20バーツほどで、宿近くまで行くことも出来るだろう。

価格も安く、ゆったりと移動できる大型バスでのパタヤへの移動は、とてもおススメだ。

バンコクから2時間程度で行けるパタヤ。
バンコクとは違った雰囲気を楽しめるので、時間がある人は是非とも行ってほしい場所だ。