2019年 バンコクでのソンクラン セントラルワールドとS2Oイベントに参加

この日はバンコクでのソンクラン最終日。

3日目にもなってくると皆さん疲れてきて、よりスタートが遅くなってきている気がする。

今日は夜に待望のS2Oが待っているので、昼間はそこそこにしておこうと思っていた。

例によって近くのソイカウボーイをお昼ごろ通るが、案の定誰もいない。

今年のソイカウボーイは終わりが早いように感じた。17~18時にはそこそこのバーで大人しくなっていき、そこから準備をし通常営業に戻っているようだった。

それでも昼過ぎから3~4時間も水かけをすれば十分疲れるけどね!

 

そして今回のソンクラン中のセントラルワールドを見に行くため、BTSのアソーク駅に行った。

アソーク駅の隣にはターミナル21という大きなモールがあるが、そこへ通じる道が綺麗な装飾をしていた。

太陽の光が綺麗に装飾にかかり、インスタ映えしそうな色使いの場所となっている。

 

そしてBTSに乗り最寄り駅のチットロム駅まで移動。

 

↑このチットロムから歩いて5分ほどでセントラルワールドに行くことができる。

駅からセントラルワールドまではスカイウォーク(遊歩道)があるので、とても便利にアクセスが可能。

 

こちらはその途中にあるゲイソンショッピングセンター入口の装飾。

ソンクラン中はいろいろなデパート前で、このような飾りつけを見ることができるので面白いと思う。

 

そして見えてきたセントラルワールド。

去年は無かった工事中?らしい大きな壁が設置されていてここから入ることはできない。

ぐるっと正面に回って入ることになりそうだ。

 

遊歩道の上からは、セントラルワールド周辺で水鉄砲など売っている露店が所狭しと出店しているのが見える。

 

このビルの正面に入口があるのでそちらまで移動。

 

その途中にもこのようにアイテムを販売しているお店が数多く並んでいた。

日本だったら速攻取り締まりされてそうな勢いだけど、タイはおかまいなし。それがいいね。

 

そしてやっと入口が出てきた。

カオサンにしてもシーロムにしても、人が集まる場所は一応セキュリティーチェックがあるんだよねぇ。

過去に何か危ないものを持ち込んだ人がいて、大きな事故とかになったのだろうか。

 

ここもお酒の持ち込みはダメ。そして特に何もなかったのでセキュリティーチェックを通り中へ。

 

セントラルワールド内のソンクランの様子

入って具すぐ見えたのがフードコートで来なエリア。

お昼時だったが人は全然おらず、すごく暇そうだった。

 

まあもう少し遅い時間に人が増えてきたら賑わうのだろう。

 

もう少し奥に歩いていくと、この通路横にも飲み物や食べ物を販売するお店が並んでいた。

この辺もまだそんなに人は多くなくのんびりしていた。

 

この辺になってきたら大分と人が密集してきた。

途中に水が出ているエリアがあり、その一番奥にDJブースで大音量流しているエリアがあった。

かなり盛り上がっていて楽しそうだ。

 

この大きな広告画面の下のエリアがその場所になる。

例年このエリアは大体泡が出てくる装置を置いているが、今年はなさそう。純粋に音楽と水で攻める感じだな。

 

 

近くまでは行けなかったがかなり人が多く、入場に制限をかけている感じだった。

まぁ列に並べば入れると思うけど、そこまでして入るのは今日はいいかな。外から見るだけでも十分面白い!

 

しばらく踊っている人を見つつ周辺を歩いていたら、ここでも企業の広告をしている人たちを発見。

今回いたのは日焼け止めを無料で配布するスタッフさん達だった。

丁度日焼け止めを持っていなかったので、1つ頂き写真も撮らせてもらうことができた。

 

やはりこれだけ日差しが強いとすでにもう結構焼けていたが、後で行くパタヤはさらに屋根のない場所を歩くことが多いと思うのでそこで使わせてもらおう。

 

近くにビオレのスタッフさんたちも同様に、日焼け止めを配っていた。

そして反対側に位置するBig-c側も、何かイベントをやっていそうだったので行ってみることに。

 

途中の遊歩道から見た風景。交通量は普段に比べてかなり少なめだ。

 

うん、ここでも派手な放水と爆音でかなり盛り上がってるな!

 

そこまで広くはないエリアだが、結構密集していて楽しそうに踊っていた。

綺麗な虹も見ることができて満足だ。

しかしセントラルワールドに比べると設備がしょぼくて、音割れがすごかった(笑)

 

Big-c側から見たセントラルワールド。

少し遠いけどかなり楽しく踊っているのが分かるな。大分人も増えてきていい感じになっている。

 

とまあこんな感じで、セントラルワールドの周りを見て回った。

やはり本気で水かけをするなら、どこか1か所にとどまって水を確保して楽しむのが一番!

ということで最終日もソイカウボーイに戻り楽しむことに。

 

ソイカウボーイへ再訪

時間は14時過ぎ、もうさすがに始まっているだろうと戻ってきた。

 

うん、やってるやってる!

と思ったものの、初日に比べて人がすごく少ない。歩いている人でごった返していたのに、その人がまばらだ。

みんないい加減疲れてしまったかな?それかシーロムかカオサンに集まっているのかな?

理由は分からないが、写真を一通りとっていつものバーでしばらく水かけをした。

 

バーの目の前で働いていたビールの売り子さんたち。

こんな時にも働くなんて大変だなぁ。

 

そこそこ盛り上がっているけど、なんとなく面白さに欠ける最終日のソイカウボーイ。

来年来れるとしたら、初日人が多い時に思いっきりやるのがいいのかもしれないな。

 

それにしてもずっと好天だった今年のソンクラン。

本当に暑い中掛け合う水は最高に気持ちがいい。それでもしばらくするとすぐ乾いてしまうので、やはりこういったバーで腰を据えて水かけするのが一番個人的には好きな楽しみ方だな。

 

ここで2時間くらい水かけをし、そろそろ夜のS2Oために休憩がてら一度宿に帰ることにした。

 

念願のS2Oへ参戦

しばらく休憩した後、S2Oのイベント会場へと向かった。

最寄りの駅はエアポートリンクのラムカヘン駅。アソークからだとMRTに乗り北に1駅ペチャブリ駅で降りる。

そこから少し歩いてマッカサン駅に移動をして、スワンナプーム空港方向(東向き)に1駅行くと着くことができる。

 

ぺチャブリ駅からマッカサン駅に乗り換えるのに少し駅が離れているが、このように案内が出ているしほぼ1本道なのでわかりやすい。

 

エアポートリンクに乗り換えラムカヘン駅に向かう。

 

エアポートリンクは少し本数が少ない気がしたが、1駅なのですぐ着く。

この看板がラムカヘン駅。

 

今まで行ったことない場所なので、なんだかワクワクするな。

会場までの道のりは今回は歩いて行ってみた。駅近くの川沿いを歩き10分ほど。

夜遅くは少し人気も少ないし歩きたくないかも、という道だった。

 

川沿いをひたすら北に進み、大きな道路の高架下をくぐって左に行けばイベント会場だ。

 

↑ここまでくれば人もかなり増えてきて、音が大きく聞こえてくる。

 

大きな道路沿いの小道は少しまだへんぴな感じ。

 

しかし先に進み会場の入り口にはパリピが集結。やっぱ人気あるイベントなんだろうね!

 

案内に従って無事入場のバンドをゲット!

この時もパスポートの原本、もしくはパスポートの写真(デジタルデータ)が必要なので必ず持っていく必要がある。

あとはオンラインで購入時に返信で来たメールにQRコードが添付されているので、それを見せて読み込んでもらうとOK。

 

ICチップ入りの入場バンド。

このチップの中にお金をチャージして、会場内で販売している食品やドリンクを購入することができる。

そしていよいよ会場に入場!

 

入場時にも再度本人確認をされ、チェックがなかなか厳しいと思った。

 

いろんな装飾がありみんな撮影に熱心になっている。

 

すこしくねくねした通路を進みいざ会場に。

かなり大規模なステージと広さでテンションが上がる上がる。

こういうイベントに来るのは本当に久しぶりなのでどうかと思ったが、まだ楽しめそうでまずは良かった。

 

ハイネケンのこのサイズの缶ビールで100バーツ。

チャージをしたICチップを機械でかざして支払いとなる。う~んすごくハイテクだけど、これが今の普通なのかな?

テクノロジーすごい。

 

そして会場をぐるっと1周して見てまわり雰囲気は分かったので、音楽に集中することにした。

この時時間は19時半、まだそこまで人はおらずスルスルと最前列まで簡単に行くことができた。

時間が経つにつれ、一度後ろに戻ったら再度前に行くのは難しいだろうから、最後まで前に居ようと決めていた。

 

にしてもすごい大迫力の音!マジですごいし楽しい!

 

最前列からみたステージはこんな感じ。

このステージから次から次へと音と水のシャワーがかかりまくってたまらない!

こんな素晴らしいイベントあるなんてもっと早く知っていたら。。

 

時間がたつにつてどんどんと人が増えてくる。

早めに前に来ていて正解だな。

自分の周りには中国、ミャンマー、マレーシア、タイの国旗を持った人がいたが、時折起こるチャイナコールには普通にビビった。

日本人もそういうコールするときあるけど、中国人のパワフルさと多さが半端ないなと感じた。

なのでタイの人も多いとは思うけど、半分は外国人じゃないかなと思われた。

 

自分はこの日のDJで知っていたのはベースメントジャックスくらいだが、みんな素敵な音を流してくれて飽きずに延々と楽しむことができた!

ジャンルでいえばEDMになるのだろうかな。普段EDM聞かないけど全然これはこれでありだ!

 

とにかくずぶ濡れ、いままで何回かソンクランに来たけどここまで濡れるのは初めてのことだ。

前から横から後ろからとにかくかけられる。

しかし水はぬるめなのでこれがまた心地よいのだ。

 

そして最後、スティーブアオキが出てきてDJをプレイ。

トリと言う事で皆大盛り上がり、しばらく彼の音楽を楽しむことができた。

カメラの電池も切れ、純粋に音楽を聴いて踊って水をかけられて楽しんでいた時間。

しかしいい感じに流していたはずなのに突然音量が小さくなり、そのままストップしてしまった。

映像も注意喚起のものが掲示されているだけで、続くのか終わったのかが分からない。

 

そんな空気の中時間は24時前くらいだったかな、10分以上待っても何も変わらないので、疲れもあったので帰ることに。

その頃には会場はぎゅうぎゅうで外に出ることもかなり困難な状況に。

自分と同じく帰ろうとする人についていき、何とか出ることができた。

いや~本当に疲労感が半端ないけど、参加できて本当に良かったと思えるイベントだった!

これは来年もあるなら3日間来てもいいくらいの楽しさだ、RCAも良かったけど迫力が違いすぎという印象だ。

 

帰りは会場外からバイクタクシーを拾い、アソークまで送ってもらうことができた。

通常よりは高いだろうが仕方ないよね。

とにかく満足した楽しいイベントで時間を過ごすことができた!

めちゃくちゃお勧めのソンクランイベントそれがS2Oだ!