バンコクからカンチャナブリーへ行ってきた(ロットゥー〈ミニバン〉での行き方紹介)

スポンサーリンク

今回、前から一度行ってみたかったが中々機会がなかった、カンチャナブリ―へ行ってきた。

バンコクから西に約120km、カンチャナブリ―県の西部はミャンマーとの国境があり、大東亜戦争中に物資搬送のため、旧日本陸軍によって建設・運行された泰緬鉄道(Thai-Burma Railway)がとても有名な地だ。

そのため戦争博物館や、戦争に関する慰霊碑や施設も多いのが特徴的。

 

他にもタイで一番美しいとも言われている、エラワン国立公園内にある「エラワンの滝」等の自然も多いことで知られる県だと思う。

日数の余裕はそこまで無かったので自然を感じる観光や体験ではなく、上記の泰緬鉄道の乗車、クウェー川鉄橋や戦争博物館が見たいと思い行ってみた。

今回移動に利用したバンコク市内から、路線バスとロットゥー(ミニバン)を乗り継いでいく方法を紹介したい。

 

▼バンコク市内を走る511番の路線バス

この時はバンコクのアソーク(Asok)近くに宿泊をしており、自分でカンチャナブリーへ行く方法としては、まずは南バスターミナル(サイタイマイ – Sai Tai Mai)に行く必要があった。

循環バスの511番はスクンビット沿いをBTS路線と並走に走っており、アソーク付近、セントラルワールド付近、カオサン付近を通るので、使い勝手が良いバスだ。

このバスに乗り、終点である南バスターミナルまでまずは移動をする。

 

 

▼511番のバスが運行しているルートの参照はこちら

バス路線図の参考サイト

 

ちなみにアソークとスクンビットの交差点付近から、南バスターミナルまで上記の511番の路線バスを使い、21バーツ(約71円。1バーツを3.4円で計算)で所要時間は50分だった。

このバスは中心部を走るので時間帯、曜日にもより所要時間は大きく変わるだろう。

 

また、バスに乗ったことがある人はご存じだろうが、バンコク市内を走る路線バスには時刻表というものがなく、運が悪いとひたすら待つ場合もある。

時間がない人や不安な人は、タクシーで南バスターミナル(サイタイマイ)まで行った方がよいだろう。

宿の人に聞くとアソーク駅周辺からタクシーで、大体250~300バーツらしい。

 

 

▼自分が乗車をしたアソーク近くのバス停

このバス停で10分ほど待ち511番のバスが来たので、手を振って乗車意思があることを運転手に見せる。

南バスターミナルはバンコクの西に位置するので、西に向かうバスに乗るためスクンビット通り南側から乗車。

 

スポンサーリンク

 

 

▼南バスターミナル(サイタイマイ)外観

南バスターミナルはショッピングセンターと合体しているような形となっており、511番バスの降車をガソリンスタンドのようなところでさせられるので、この建物の方向へ移動をする。

 

↑バンコク南バスターミナル(サイタイマイ)の場所はこの辺だ。

 

▼外側に並ぶロットゥー乗り場

ここから行先のチケットを購入して、それに合うロットゥー(ミニバン)で移動をする。

もしロットゥーではなく、大型バスで移動をしたい場合は、奥にあるセブンイレブン横の入り口から入り、上のフロアのチケット売り場へ行く。

金額がどの程度違うのか確認をしに行くことに。

 

 

▼ロットゥー乗り場を過ぎた奥にあるセブンイレブン。

青い看板の下の扉を過ぎると、上に行くエスカレーターがある。

 

入り口扉のある階(G)から見て、2階(1)上に上がるとバスチケット売り場がある。

 

▼中にはレストランや服、携帯売り場がある。

 

▼インフォメーションと待合所、チケットカウンター

中央部にあるインフォメーションセンターでカンチャナブリー行きを伝えると、31番ブースだよと言われた。

 

▼カンチャナブリー行のチケットカウンター

少し歩き回って言われた番号のブースを見つけたものの、空っぽで誰もいない状態だった。

近くの人に聞くと、運賃はバスの中でそのまま支払ったらいいよと言われ、結局正確な値段までは分からなかった。

という事で1階に戻りロットゥー乗り場でチケットを買った。

 

スポンサーリンク

 

 

▼カンチャナブリー行きロットゥーチケットブース表面

オレンジの看板8番近くに大声で「カンチャナブリー」「カンチャナブリー」と叫んでいる人がおり、その人から購入。

 

▼カンチャナブリー行きロットゥーチケットブース裏面

料金は片道100バーツ(約340円。1バーツを3.4円で計算)。

発車するまで近くで座っているように言われ、30分ほど待って呼ばれた。

全員集まっていなかったが、ロットゥーは朝10時に出発をし途中乗客を乗せながら順調に進み、12時10分にカンチャナブリーのバスターミナルに到着した。

 

▼ロットゥー外観と内部

ロットゥーはトヨタのハイエースを改造したミニバンの事を指す。

中はこんな感じで、独立式のシートがありリクライニングも少しできるので居心地はなかなか良かった。

ロットゥーはバンコクだけでなく、タイ国内の様々な所を走っている便利な交通機関だが、タイに慣れない人は少し使いづらいかもしれない。

自分もタイ語は読みも話も出来ないので、このような有名な観光地へ移動する際にしか使ったことがない。

 

▼カンチャナブリーバスターミナル

今回カンチャナブリーへ来るのに初めて南バスターミナルを使ったが、特に迷う事もなく無事に移動することが出来た。

待ち時間などを考えると結局3時間半以上移動にかかったが、時間に余裕があり安く抑えたい方は、ここで紹介したようなバスとロットゥーでの移動が選択肢に入るはずだ。

 

スポンサーリンク

 

 

移動時間と料金

・アソーク → 南バスターミナル 50分(21バーツ)

・南バスターミナル → カンチャナブリーバスターミナル 2時間10分(100バーツ)

 

▼バンコク南バスターミナル(サイタイマイ)

 

▼カンチャナブリーバスターミナル