Blocks Hostel(ブロックス ホステル)宿泊レビュー タイ-バンコク

2019年4月にバンコクで泊まった、ブロックス ホステル。

BTSナナ駅もしくはBTSアソーク駅との間に挟まれており、どちらの駅からも徒歩5分程の所にあり立地が良いところだ。

スクンビット通りや近くのソイ(小道)には、屋台やコンビニもあるので食事に不便はないところだ。

 

今回この宿もBooking.comにて予約を行った。詳細ページは下のリンクより。

Blocks Hostel(ブロックス ホステル)

 

Agodaを普段ご利用の方はこちらのページより。

Blocks Hostel(ブロックス ホステル)

 

ブロックス ホステルへの行き方と外観

 

↑ホステルの場所はこの辺。

スクンビット通り南側に建物は位置しているので、アソーク駅にしろナナ駅からにしろ、南の歩道を歩いてソイ10を目指す。

 

駅から歩いてこのソイ10の道まで行って曲がって中に入る。

 

昼間はこの角は特に目立ったお店はないが、夜は屋台が出ていた。

 

ソイ10に入って、すぐにあるこのPARADISOと書かれた建物を左手に曲がる。

 

奥にバーがあり、ピンクの看板が見えるのでこの奥の方向に進む。

 

そのバーの横がここブロックスホステルの位置となる。

外壁は黒でまとまっており、少し独特な感じがする。ゲストの靴が外に大量に並んでいるので分かりやすい。

 

この通りは特に何もなく、少しさびれている感じがした。

 

 

ホステル受付と共用スペース

 

ホステルへのチェックインは14時以降となっている。ここは24時間フロントにスタッフがいるため、深夜でも問題なく対応してくれるホステルだ。

ちょっと乱雑なカウンターがホステルらしいな。

到着したのが13時過ぎだったが、清掃具合を見て準備が出来ていたようでそのままチェックインすることができた。臨機応変な対応でありがたくそのまま入ることに。

 

館内のルールと部屋タイプについて。ドミトリー以外にも個室があるようだ。

 

チェックアウトは正午12時までとなっていた。

 

チェックインカウンター正面にテーブルがあり、各種ボードゲームがその奥に置かれていた。

このスペースは昼間は日差しが入り気持ちが良かった。

 

奥にはキッチンがあり、そこでドライヤーを使い髪を乾かしている人がいた。なかなかカオスな風景だった。

特に朝食などはついて無いので、自分で買ったものを電子レンジやお湯を使うくらいはできる感じだ。

 

無料のコーヒーや紅茶は用意されて無かった。

 

さらに奥に広がる共有スペース。

寝ころびながら使えるクッションソファーがあり、昼間はゴロゴロしながら映画を見ている人もいた。

自分も最終日チェックアウト後、フライトの時間が夜遅くだったので夕方くらいまで荷物を置いてここでPC作業などをして過ごした。

もちろんスタッフからクレームなどは無く、その点はかなり使い勝手のいい場所だと感じた。

 

ゲスト用の冷蔵庫もここに1台あった。

 

同じスペースに無料のPCが2台設置。

 

洗濯機はあったが、施設用の物みたいでゲストは使え無さそうだった。

 

日本人ゲストもいるみたいで、日本語の小説やガイドブックが何冊か置いていた。

 

宿泊したドミトリー部屋について

 

1階奥にあるエレベーターに乗り、今回宿泊する部屋に行くため4階へ。

このエレベーターがなかなかレトロで、自分でドアを開閉するというシステムの物。少しおっかなかった。

 

荷物が多い人には便利なものだな。

 

ドミトリー内はこんな感じ。

この時宿泊したドミトリーは4人ドミトリータイプで、自分が利用したときは1泊267B(約937円。1バーツを3.5円で計算)で、朝食なしだった。

またドミトリー部屋に入る入口ドアのカードキーを渡され、こちらのデポジットは100バーツだった。チェックアウト時にカードキーを返却の際、デポジットは返却されるシステムだ。

タオルは付属していないので、小さめの物でも持って行った方が便利だろう。

ドミトリー内にロッカーはあるものの、カギが南京錠を使うホールタイプだが、付属では付いていないので自分で持っていく必要がある。

大きさは中くらいのバックパックなら入るかなというサイズで、貴重品、PCやカメラ程度なら十分入る。

 

かなりシンプルなパイプでできた2段ベッド。周囲を囲むカーテンは無かった。

2階部を利用したが、上り下りが少し大変だった。

 

コンセント周りはカードキーを差し込むタイプの物で、コンセント1口とライトのスイッチがあった。

何故か不明だが、カードキーを差しこまなくても電源が来ており、またこのライトは壊れていて点灯しなかった。

 

電源周りには使わなかったが、ドミトリーに入るときにカギとして必要なカードキー。

 

エアコンは24時間利用可能で、リモコンもあるので自由に調整ができた。

また無料Wi-Fiも飛んでいたが、ログインするときが少しややこしく、毎回ログインページに入ってログインする必要があり少し面倒なタイプだった。

スマホを開いてすぐつながるようなものでは無いのが残念だった。

 

 

バストイレなど

 

トイレとシャワーはこの4人ドミトリーの中にあり、1つの部屋となっている。

 

シャワーを固定する台が壊れていたので、手持ちにて利用。湯量や温度は問題なし。

付属ではシャンプーやボディーソープは付いていなかったので、自分で持ってくる必要がある。

また、トイレやシャワーをもし使いたい場合にここが使われていても、ドミトリー外にも別のトイレとシャワールームがあるのでそちらを利用することが可能だった。

清掃は毎日入っていて、最低限の清潔さは保たれている感じだった。

 

Blocks Hostelの予約はBooking.comで行い、サイト内での評価は8.1ポイントとなっている。

Blocks Hostel(ブロックス ホステル)

Agodaでのページはこちら、サイト内での評価は同じく8.1ポイント。

Blocks Hostel(ブロックス ホステル)

 

館内全体的に多少乱雑さが見られたが、最低限清潔に保たれており使い勝手は悪くはない宿だと思う。

立地はとてもいいので、観光などどこに行くのも移動が楽な点は評価できる。

 

総評

 

今回も自分が好きなアソークエリアでの宿泊となり、総合的には悪くないホステルだと思う。

駅からは近いので歩く距離も短く荷物が多い人でもすぐに着くことができ、安心して使うことができる。

かなり中心地なので遅い時間でも特に心配な感じはないエリアなので、タイに慣れていない人も使いやすい場所だろう。

またスタッフさんが気さくで優しいのが良かったが、何か所か設備に不具合がありその辺もう少し頑張って欲しいなぁと思った。

 

価格  : ★★★★☆ この質と立地だと、結構安い方だと思う (ドミトリーを267B/泊で利用)
立地  : ★★★★☆ BTSアソーク駅、ナナ駅から徒歩5分ほどで、便利な立地
設備  : ★★★☆☆ 設備は所々問題ありで、清掃は最低限行き届いているように見えた
雰囲気 : ★★★☆☆ 共有スペースはそこそこ広く、チェックアウト後もゆったりできた印象で良かった
スタッフ : ★★★★☆ きちんと対応をしてくれ、いろいろ優しい感じがとても伝わった
お勧め度 : ★★★☆☆ ある程度おすすめができる、便利で安心できるホステルだ

 

名称 – Blocks Hostel(ブロックス ホステル)

住所 – 1/3-4 Sukhumvit Soi 10 Klongtoey, クロン・トゥーイ, 10110 バンコク, タイ

最寄り駅 – BTSアソーク駅、BTSナナ駅より徒歩5分