バンコク アソーク近くにあるChunky(チャンキー)バーガーショップへ行ってみたレビュー

バンコクで何か普段とは変わったものが食べたいと思い、食事を探していた時見つけたハンバーガーという選択。

タイにいるときはほとんどタイ料理を食べることが多いが、たまにはこのような違うものも食べたくなる。

お店の雰囲気もよさそうで、写真を見る限りかなり美味しそう!

これは行ってみるか、と言う事で宿の近くと言う事もあり足を運んでみた。

 

↑お店の場所はこの辺。アソーク駅から徒歩5分くらいの位置にある。

 

外観は黒を基調としたシックな感じでオシャレだ。

外にもテーブル席があったが、かなり外は暑く素直に中に入ることにした。

 

営業時間は月曜~日曜、11時~22時まで。ラストオーダーは21時半となっている。

 

Chunkyバーガーの中に入って見た

訪れたこの時は平日の14時ごろ、お客さんは1組だけでゆっくりと店内を見ることができた。

席に着き早速メニューを拝見して、Chunky(チャンキー)バーガーのポーク250バーツ(約875円)とフライドポテト200バーツ(約700円)を注文。

さすがに雰囲気はいい感じだけど、お値段も高めの設定だな。

 

メニューの一部はこんな感じだ。

 

注文したハンバーガー。Classic Chunky Burgerという名前のようだ。

 

他にもチキンバーガーもメニューにあった。

 

揚げ物は、オニオンリングとチキンウィング、そして注文したポテトフライがある。

 

お店の奥が厨房となっており、席からこの風景がほぼ丸見えで見える。

この時は女性のスタッフが器用にバーガーを作ってくれていたのが良く分かった。

少し時間がかかりそうだったので、二階の方にも上がって見に行ってみた。

 

2階はこんな感じでカウンター席とテーブル席があり、思ったより広々としていた。

ちなみにお客さんはいなかった。

 

至ってシンプルだが、コンクリート打ちっぱなしでオシャレな感じだ。サクッと見まわしそして1階の席に戻り、注文したメニューを待った。

 

Classic Chunky Burgerのお味は!

約10分ほど待ち、注文したメニューが到着。

うん、かなりボリュームがありそうでとても美味しそうだ。

 

ポテトはこんな感じで、ディップするソースが2種類と細かく擦られたチーズがかかっている。

揚げたてでサクサクしており、チーズのうっすらとした味も絶妙においしい。やはり自分はケチャップの味が好きなのでそれを使って食べ始めた。

少し硬めの衣もいい歯ごたえで、美味しくいただくことができた。

ポテトは結構量があり、1人ではかなり苦しかった。2人でシェアするくらいがちょうどいいだろうな。

 

肝心のバーガーだが、手で持って食べれるサイズではないのでナイフとフォークを使い切って食べた。

まず驚いたのがバンズのサクサク具合、こんなバンズを食べるの初めてだ。

食感もとても面白いが味もついており、このバンズはとてもおいしい。

そしてポークのパティ、こちらはめちゃくちゃ肉厚で、ジューシー。かなり肉汁があふれ出てくる感じだ。

それに少し甘めのソースが混ざり合い、このバンズとパティの組み合わせ、今まで体験したことない味でとても満足だ。

 

ピクルス?が少し変わった味がしたが、このバーガーには合っていると感じ美味しく食べれた。

とにかくボリュームもあり、日本で売っても人気になりそうなくらいの美味しさのバーガーだった。

 

今までハンバーガーといえばチェーン店でしか食べてこなかったが、このような感じのオリジナルバーガーの楽しみ方も知ることができ良かった。

また違うバーガーや、お店も探していこう!そう思えた日だった。

 

ごちそうさまでした。

クラシックチャンキーバーガーポーク:250バーツ

フライドポテト:200バーツ 

また行きたい度:★★★★★(星5つ)