【食事レビュー】カップラーメン 無鉄砲 濃厚豚骨馬鹿まぜそばを食べてみた

スポンサーリンク

以前、ローソンで見つけた無鉄砲のカップラーメン「濃厚豚骨馬鹿まぜそば」。

ずっと気になっていたが最近コンビニで買い物をする機会が無く、このカップラーメンも買う機会が無くしばらく時間が経ってしまったが、TouTubeでローソンにおいしいワインが売っている!とのことで、そのワインと合わせようやく買うことができたのでレビューしてみたい。

またそのワインについても記事にしてみようかな。

 

もともと自分は無鉄砲が大好きで、関西にいるときも関東にいるときも、月1~2回、最低でも2か月に1回は食べていた、それくらい無鉄砲が好きな人だ。(海外旅行中はさすがに除くが)

しかし本当に好きな人は週1くらいで行ってそうだけどね(笑)

こんなペースをトータル15年近く続けているのだから、無鉄砲好きと名乗ってもいいと思っている。

 

しかし、無鉄砲で食べる際は必ず「こってりラーメン」を注文する。

「醤油ラーメン」や「まぜそば」を食べたことがないのだ。なのでこのカップラーメンがどんな感じなのか地味に楽しみだった。

食わず嫌いだっただけで、まぜそばに目覚めるのか、やはり豚骨ラーメン一筋のままで行くのか、と言うところ。

 

と言う事で前置きが長くなってしまったが、以下レビュー。

 

スポンサーリンク

 

 

▲購入したカップラーメンの容器の側面。アレルギー成分と栄養成分表。

 

今回購入した「無鉄砲 濃厚豚骨馬鹿まぜそば」は日清食品から販売されている、コンビニのローソンだけで販売されている商品だ。

ローソンのHPにこの商品の説明があり、それは以下のような内容。

 

2020年11月17日(火)発売!ローソン標準価格 278円(税込)

人気ラーメン店「無鉄砲」監修の創作カップ麺が新登場!豚骨の旨みを凝縮した濃厚なたれがノンフライ麺に絡む汁なしまぜそばです。

 

1食当たり133gとあり「かやく」を除いたとしても、エースコックのスーパーカップの麺が100gなので、結構ボリュームがありそうだ。

ただ値段が278円(税込)と結構お高め。美味しいからと言って頻繁に食べれるものでは無いかな。

 

 

▲蓋を開けて小袋を取り出す。

 

小袋は3種類あり、先入の「かやく」に、あとがけの「液体スープ」と、あとがけの「特製ピリ辛にんにく醤油マヨ」が入っていた。

説明には「液体スープ」は蓋の上で温めて置くタイプで、「醤油マヨ」は温めないタイプらしい。

 

 

▲先入れのかやくは、長ネギと細切れのチャーシューのみ。

 

値段の割には「ちょっと寂し~かな~。。。」と感じた。

あと容器が大きい割に麺はそこまで多くないように見えるので、これを見てからそんなに満腹にはならなさそうだなぁと。

線まで熱々のお湯を入れ、途中少しほぐしながら蓋に書かれている通り5分を待った。

 

 

▲蓋の裏面にはこのような「すき焼き風つけそば」なるアレンジメニューの説明書き。

ま、今回は普通に混ぜてそのまま食べようと思う。

 

▲とりあえず、蓋の上で温めて置いた「液体スープ」を入れて混ぜた感じ。

かやくが麺に少し絡まりにくく、容器の下部や側面に張り付いてしまった。

 

▲「醤油マヨ」を上にかけてみる。

 

先程の液体スープもそこそこ匂いがあり美味しそうな香りをしていたが、このニンニク醤油マヨの香りがガツンと来る。

お店で食べる無鉄砲の豚骨ラーメンよりも香りは強いかもしれない。

 

そして実食!

 

スポンサーリンク

 

 

 

麺は中太の縮れ麺で、結構コシがあってなかなかいい感じの歯ごたえ。

液体スープの絡みは十分で、表面が滑らかな感じでつるつると食べれる。

ニンニク醤油のパンチも効いていて「まぜそば」ってこんな感じなんだぁという思いで箸を進める。

 

が、あっという間に麺は終了!そして下に溜まったかやくを箸ですくい食べきった。

う~ん、味は悪くないけど量が全然少なく感じる。麺は多分120~130gくらいで決して少ない量ではないと思うんだけどなぁ。

 

こってりが好きな人はこの匂いも味も満足できる感じかなとは思う。

しかし自分は?どうかなぁ。。値段を考えればもう少しボリュームが欲しかったかなと言うところ。

ちょっと「無鉄砲監修!」の言葉に期待しすぎたのかも。

1回は食べてよかったけど、次は・・・?という感じかな。

 

また自分が普段「まぜそば」を食べないので、そもそもこういうモノなのかもしれない。

と言う事で、ごちそうさまでした!

 

無鉄砲 濃厚豚骨馬鹿まぜそば:278円

また食べたい度:★★★☆☆(星3つ)