ジンギスカン 羊飼いの店 『いただきます。』で食べてみた

普段口にすることのないジンギスカン。
札幌では多くのお店があり、非常においしい思い出があったので、再度訪れてみた。
今回行ったのは、ススキノの近くにあるジンギスカン「いただきます。」。
前を通るたび行列があり、とても気になっていた。

▼外にある看板

訪れたのは金曜日の20時ごろ。
地震のせいか、金曜の夜だったがいつもの長い行列がなく、店の外には3人ほどの先客のみ。待ち時間がかかるのでとりあえず名前を書いて、しばらくして帰ってくる人が多いようで、自分の前の3組が呼ばれても、現場にいないような状況だった。
店内の待ちリストに記入をして、それでも50分ほど待って入店をした。

ちなみに訪れた9月後半には、街中は普通に営業をしており、電車も一部を除いて通常運行をしていた。
新千歳と札幌までの区間は、全く問題がなかった。
コンビニなどは一部商品が少なく感じたところもあったが、十分使える範囲で復旧している状態だった。
たびたび余震は発生しているが、観光客は少ないようなので、チャンスかもしれない。

▼メニューなど

店内に入ると、すでに野菜の乗ったプレートが用意されている。
お通し(330円)と、ウーロンハイ(460円)を注文。
フードについては自分はジンギスカンと、クラコウソーセージ(580円)、中ライス(250円)を注文した。

ソーセージは少し時間がかかるという事で、鉄板に放置。
ジンギスカンの特徴でもある鉄板の形と、アブラをてっぺんに置いて溶かす。
野菜は玉ねぎのスライスと、もやしというシンプルなものだ。
この日のお通しは、野菜の浅漬けだった。


↑ジンギスカン(980円)
モモ、バラ、スデ、ウデが入ったセットのジンギスカン。
どの肉がどの部位かは分からなかったが、臭みなどは全然なく非常においしかった。
ただ少し量が少ないな~と思い、もう一皿注文をすることに。

タレもおいしかったが、岩塩とコショウを混ぜて付けて食べるのが最高においしかった。
クラコウソーセージは羊のセミドライソーセージで、良く焼くとパンパンに膨れ上がった。
肉汁が飛び出るくらいのソーセージで、こちらも非常においしくいただいた。

やはり有名店だけあって、全体的にレベルが高く感じた。
この量で約3900円だったので、どうしてもリーズナブルとはならないが、おいしいものを頂けて非常に満足な食事だった。

ごちそうさまでした。

また行きたい度:★★★★☆

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

住所:〒064-0805 北海道札幌市中央区南5条西5丁目1−6
最寄り駅:地下鉄すすきの駅
TEL:011-552-4029
営業時間:11:30~03:00 / 日曜祝日11:30~23:00
定休日:無休
URL:ジンギスカン 羊飼いの店 『いただきます。』

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク