喜洲で食べた手打ちでとても美味しかった蘭州拉麺店 中国-大理

大理古城から喜洲へと移動をして、ちょうど時間はお昼ごろ。

何かご飯を食べようと思い、喜洲のメインロードを歩いていた。

この通りには店先で販売しているものもあれば、小さな中華のお店も沢山並んでおり、お店選びには困らなかった。

そんな中見つけた看板に、蘭州拉麺の文字。

今回、中国に来てまだこのラーメンを食べていなかったので、食べてみようと思い入店。

 

↑お店の位置は、この通りのこの辺り。

もちろんグーグルマップには掲載されていなかったが、四方街に向かって歩いて右手にお店はあった。

 

とりあえず席に座り、お店に貼られたポスターの拉麺を指差して注文。

よくよく他のテーブルを見れば、なんと英語付きのメニューが完備されていてびっくり。

ま、この時はラーメンが食べたかったからいいか。

 

写真との併記には負けるが、英語との併記もかなり分かりやすくて旅行者に優しい配慮だ。

やはりこの喜洲は外国人も多く訪れるのだろうな。

 

全メニューではないが、お店の壁にはこのように一部メニューの写真が掲示されているので、ここから指差しで注文もできる。

 

オーダーしてしばらく待っていると、お店の前で麺を打ち始めた。

客は自分だけなので、自分の拉麺の分だ。なんか凄いな~とテンションが上がる。

 

いろんな角度から写真を撮らせてもらった。

なかなか男前の店主。ばちんばちんと調理台にたたきつけ、手際よく麺を伸ばしていく。

1杯1杯手作りの麺を作って食べれるとは幸せだな。

そう見ながら10分ほどでラーメンが運ばれてきた。

メニューでいえば牛肉拉麺12元(約192円。1元を16円で計算)だ。

 

見た目はかなりさっぱりしているが、とてもコクがありめちゃくちゃ美味しい!

この後蘭州拉麺にハマってしまい、何食か他の場所でも食べたがここの拉麺が一番おいしく感じた。

 

細めの麺だが、コシが結構あり食べ応えがいい感じにありこれまた絶品。

牛肉は薄くスライスされたものが何枚か入っていて、これも美味しかったが、やはり麺とスープが最高なお店だった。

途中唐辛子がテーブルにあったので、それも加えて食べたりして最後まで美味しくいただけた。

量は相変わらず多めで、この1杯でかなりお腹一杯になり、丁度良いお昼ご飯を食べることが出来た。

 

麺を目の前で打ってくれるのは他のお店でも見ることが出来たが、このシンプルな味での絶品さはこのお店が一番だった。

もちろん拉麺以外にも沢山メニューがあるので、かなりおススメのお店だと思う。