Lao Kitchen(ラオ キッチン)レビュー ラオス-ビエンチャン

ラオスのビエンチャン中心地に、かなりおススメのラオス料理レストランがある。

名前はラオキッチン。

お店の内装は開放的で、割ときれいな作りとなっている。
現地の屋台とかの食事が苦手な方も、このお店は大丈夫だろう。

旅行客にかなり人気で、欧米のお客さんを中心に夜は賑わっていることが多い。
あいにくこの日は、遅めの時間だったのでほとんど客はいなかった。

 

▼店内の様子

このお店のお勧めは絶妙な味の「ラープ」で、これはジャンルとしてはサラダの一種のようで、お肉や魚などをハーブ、唐辛子、ナンプラー、ライム、煎り米粉で和えたものになる。

この豚肉のラープとカオニャオ(もち米)、ビールをオーダーした。
個人的にはサラダという感じはしないけどな~。しかしとにかくおいしい。

 

▼豚肉のラープ

待つこと10分ほどで、オーダーしたものが届いた。
前にチキンのラープを食べたことがあるが、今回の豚肉もどちらもおいしかった。
辛さは注文時に頼むことができ、少しだけ辛くしてもらい、自分にはちょうどいい味付けだ。
辛くしないでと頼むと少し物足りないが、苦手な人はそれでもよいかと思う。

ハーブもたくさん乗っかって出てくるが、特に癖もなくこれがまたお肉にマッチして非常においしい。

一人で食べるなら、ラープの小皿とカオニャオ1つでちょうどよい量だ。

 

右奥にある面白いケースに入っているのがカオニャオ。
もち米なので量は少ないが、結構お腹にたまる。

タイにもラープが食べれるお店はあるが、ここのラープは一番おいしい。
近くのお店は20時や21時ごろ閉まるお店も多いので、そういう意味でも割と貴重な存在かもしれない。
外にある屋台の料理に比べると、3~4品頼めてしまう金額になってしまうが、日本人にも食べやすく非常にお勧めのできるレストランだ。

 

豚肉のラープ小皿:42000キップ(約546円。1キープを0.013円で計算)
カオニャオ:10000キップ(約130円)
ビアラオ小瓶:12000キップ(約156円)

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

住所:1140/01, Unit 15, Rue Hengboun, Baan Anou, Vientiane, ラオス
最寄り駅:特になし
TEL:不明
営業時間:11:00~22:00
定休日:不明
URL:不明

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★