バンコク タイで2番目に高いビルMahanakhon Skywalk(マハナコンスカイウォーク)への行き方とレビュー

大分前から気になっていたビルがバンコクにあった。

虫食い?テトリス?のような欠けがある特徴的なビルは、エリアでいうとシーロム地区にできていた。

このビルの建設中から完成にかけても何回か見かけ、面白いビルだな~というのはいつも思っていた。

そして去年2018年11月、屋上展望にあるフロア&ルーフトップバーがオープンしたということを知り、次の訪タイ時には絶対に行こうと決めていた場所だ。

そして今回、タイに来て真っ先に向かった場所である。

 

駅からマハナコンスカイウォークまでの道

 

最寄り駅はBTSのChong Nonsi(チョンノンシー)駅直結で、そのままビルのある方に歩道橋がつながっている。

チョンノンシー駅の3番出口を出て進むと、かなり目立つ感じで広告もありすぐにそれとわかる。

 

↑チョンノンシー駅はこの辺。シーロムエリアからでも十分徒歩で行ける範囲だ。

 

このビルを運営しているのはタイ最大の免税店キングパワーで、ビルの低層階にその免税店も入っている。

なので看板での名称はキングパワーマハナコンとなっている。

 

上層階の展望台は、10時から24時(入場は23時まで)のオープンとなっているので、昼間の景色か夜景かを選ぶことができる。

今回は昼間の景色を見るため明るい時間に訪れてみた。

 

看板の指示に従い道なりに進む。

歩道橋から下り、奥にあるビルが入場チケットの販売所となっている。

 

そのビルから上を望んだ状態だが、とにかく高さが半端ではない。

現在はタイで2番目となってしまったが、オープン当時2016年は314mで一番高いビルでオープンをしている。

ちなみに2019年4月現在、タイで一番高い建物はアイコンサイアムのレジデンスビルで315mとなっている。(ただまだ開業はしておらず住人は住んでいないようだ) 

そちらのビルは展望台があるのか不明だが、実際に一般の人が訪れることができる最高層ビルは今の所ここで間違いないだろう。

 

低層階でもこのように切りかけがあるデザイン。日本では耐震を考えたらできないデザインなんだろうなぁ。

本当に面白いと思う。

 

また入り口前の広場にはこのような像があった。顔が何個もあって不思議な感じだ。

 

 

マハナコンスカイウォークの中へ

 

中に入ると左手にチケット売り場が見える。

 

大人1人通常価格は965バーツ(約3377円、1バーツ3.5円で計算)となっているが、訪れた4月中はキャンペーンをしており、765バーツ(約2677円)となっていた。

キャンペーンをしていてラッキーだったが、タイの物価を考えるとそれでもかなり高額な入場料だ。

チケット売り場のスタッフさんは英語も可能なので、大人1枚と伝えすんなりと購入することができた。

 

購入したチケットには入場可能時間が書いており、写真上でいうと「between 12:30-13:00」と書かれた時間に入場する必要があるので気を付ける。

チケットを事前に買って後で入場する人は少ないと思うが、そういうことはできないようだ。

 

チケットを購入後先に進み、空港のような荷物検査の機械に荷物を入れる。

なかなかセキュリティーは思ったよりしっかりしていて驚いた。

荷物検査後はこのような写真ブースがあり、撮影するか聞かれた。よくあるビルと加工した写真を後で有料で販売される感じかな?

大丈夫ですとお断りをしてさらに進む。

 

その先に進むと、、、かなりSFチックな通路が出現。鏡張りのせいかとても不思議な空間がそこにあった。

この空間を進み、エレベーターがある場所で少しだけまち、タイミングよく来たのでそれに乗った。

中は上昇とともに映像が出て変わり、非常に素晴らしい演出の時間がそこにあった。

あっという間に駆け上がり、展望台の前のフロアに到着。

 

この時人は少なく非常に見やすい状態で中を回ることができた。

とにかく圧巻の一言!

普段見慣れているビルが一度に見ることができとても驚いた場所だった。

 

手紙を出すための郵便ポストと、ポストカード自販機。

 

よくあるコインをつぶして記念硬貨にする機械。

 

ミニバー。ビールやソフトドリンクが売っていた。

こんな感じで、このフロア自体は非常にシンプルで、自販機が数台とミニバーがあるくらいだった。

肝心の景色の方は本当にすごかった。

 

マハナコンスカイウォークから西を見た様子。奥にチャオプラヤー川が見える。

バンコクもこう見ると結構高層ビルが多く立ち並んでいるのが分かる。

また右手に有名なルーフトップバー、シロッコがある建物も見える。(金色のドームのある建物)

 

こちらはシーロムの方向をみた写真。

BTSの路線がシーロム方向に曲がって進んでいるのが分かる。

こんな感じで楽しみこのフロアをぐるりと1周して、さらに上へと上がる。

 

このエスカレーターを上がると75階になり、そこからさらにルーフトップのある展望台78階へと進む。

 

78階の展望台は外部にあり、そこに目玉であるスカイウォークがある。

そこは靴のままでは入れないので、靴カバーをここで配っているようだ。

 

配られた靴カバーと荷物入れ。無料で利用が可能だ。

 

78階に行く前にトイレに行ったが、ここの風景もかなり贅沢。

バンコクで一番高い場所にあるトイレか。いい思い出になりそうだ。

 

そして75階の奥にある、円形のおもしろいエレベーターに乗る。

 

こちらのエレベーターはゆっくりだが、下り用の螺旋階段があり、また外を見ると工事中の様子がはっきりわかる。

 

そして最上階78階のルーフトップに到着。

 

 

マハナコンスカイウォーク 最上階の展望台について

 

出て左手にこのような案内があり進んでみる。

とにかく人が少なく、ぜんぜん並んだりしなくていいのがとてもよかった。

 

道なりに進むと出てきたスカイウォーク!

ビルからの景色もとても綺麗だが、このガラス張りで下が見える床が、マハナコンスカイウォークの一番のスポットだ。

残念ながらこのガラス床の上は携帯電話、カメラ類のアイテムは持ち込み不可でその景色を写真で見てもらうことはできない。実際に現地に行って体験してもらうほかない。

しかしこの高さから見る風景は、高所になれていない自分にとっては驚愕の風景だった。

足がすくむという言葉を初めて実感できた、そんな場所だった。

 

一番寄れてこんな感じの写真が撮れた。

ただ実際ガラスの上に乗ると本当にすごい感覚に陥る。割れないとわかっていても心臓がひゅんとなるのがすごい。

 

余裕のある人は様々なポーズをして楽しんでいた。

 

もう一段上に行くことができ、そこが本当の最上段となっている。

 

とにかくここからの景色は最高ですばらしい!

昼間は思ったより人が少なかったせいか、とてもゆっくり楽しむことができていい時間を過ごすことができた。

やっぱりこれだけすごいと、次は夜もみたくなるなぁ。

 

ここからの景色は最高だったけど、天気がいい日は少し日差しが強いかも。

日焼け止めを塗って行くか、長袖をもっていった方がいいかもしれないな。

そしてしばらく景色を楽しみ、下に降りることにした。

 

降りるときはエレベーターボタンがないので自力で螺旋階段を下る。

 

その階段途中に見えた工事中の風景。

 

先ほどのフロアに付き、下方向のエレベーターへと移動。

下りもあっという間に加速をし、下のフロアへと到着。

下りきったフロアは帰りのお土産屋さんと、キングパワーの免税店が3フロア位あった。

何か免税店で買い物をしたい人はちょうどいいスポットだろう

 

この免税エリアを通り抜けて最初のチケット売り場へと出れた。

 

いろいろなアイテムや小物も売っているので、何か記念にここで購入してもいいだろう。

 

これまで何か所か高層ビルに上ってきたが、ここも満足度が高い場所だった。

もう少しこのビルについてやバンコクの高層ビルについての説明などあれば、もっと良かったかなと思う。

景色とスカイウォークの体験は文句なし、あとは値段との兼ね合いかな。

しかし1度は来ていいと思う満足度の高い、新しい観光スポットとなるだろうそんな場所だった。

 

お勧め度:★★★★★(星5個)

名称:マハナコンスカイウォーク

営業時間:毎日10時~24時(最終入場23時)

住所:King Power Mahanakhon 114 Narathiwas Road, Silom, Bangrak, Bangkok 10500