桜シーズン 目黒川と毛利庭園の桜を見に行ってみた

2019年、待ちわびていた桜のシーズンが一気に到来し、去年も訪れた目黒川に訪れてみた。

訪れた3月29日の14時ごろ、天気は曇り。

少し天気には恵まれなかったものの、相変わらずな花見客の人数は圧巻だった。

肝心の桜は満開と言う事で行ったものの、まだ8分くらいの木も多く感じた。

中目黒駅近くの桜は確かに満開といった桜の木が多かったように思えた。

 

・目黒川沿いの桜

中には葉がちらほらと見えるような木もあったが、それはそれで綺麗だな。

 

この日は金曜と言う事もあり、平日なのに人がかなり多く歩くのも結構大変な感じの人の数だった。

大学はまだ始まっていないのか、若い人も結構多くみられた。

 

中目黒駅から少し離れた橋からの撮影。

写真ではわかりにくいが、まだこの辺はつぼみも多く満開という感じではない。

これはもう一度改めて来ないといけないなぁ~なんてことも思いつつ、そのきれいな景色を楽しんだ。

 

目黒川の両側の歩道がそれぞれ一方通行のような形で、北西に向かって花見道となっている。

当然その横には数多くの露店が立ち並ぶ。

いい匂いがしていたが、特に何も買わずにワイン片手に撮影と花見を楽しんだ。

 

奥に行けばやはりこういう満開ではない桜が目立ってくる。

それでもかなり綺麗だけどね!

 

あと数日置いてまた見に来ようとおもい、電車で1本で行ける近くにあった毛利庭園に行ってみることに。

東京メトロ日比谷線で六本木へ向かった。

 

・毛利庭園

普段来ない六本木に迷いつつ、毛利庭園に到着!

う~ん、ここは満開で素晴らしい。

規模は思ってたより小さかったが、この敷地内で最大限の美しさが出るように造られているように感じる庭園だ。

 

六本木ヒルズをバックに。

完全に曇りなのがめっちゃくちゃ惜しいなぁ~。

 

ここの庭園は品種の違う桜が植えられているみたいで、葉が濃いピンク色のものもありコントラストが綺麗だ。

どちらの品種も満開で最高のタイミングに来れたのは間違いないな。

 

ここもそこそこの花見客だが、多すぎるということはなくのんびりと見て写真を撮ることができた。

なかなかいい桜花見スポットじゃないだろうか!

 

という感じでこの日は終了。

再度近いうちの目黒川の訪問を考え、帰宅をした。

次は天気のいい日に訪れたいものだ。