ラーメン無鉄砲に今年初めて行ってきた レビューと電車での行き方 東京中野

今年に入りまだ食べていなかった無鉄砲。

定期的にものすごく食べたくなるこのラーメンを食べに、またまた沼袋へと食べに行った。

最近は池袋から都バスを使っているが、新宿に用事があったのでそこから西武新宿線を使って沼袋で下車。

 

新宿方面から沼袋駅で下車をした場合は、お店は反対側にあるので踏切を渡って商店街を抜ける必要がある。

駅の先頭から改札を出てすぐの踏切をまつ。

電車の本数が多いせいか、結構この踏切で待つ印象があるな。

 

踏切を抜けまっすぐと商店街沿いにしばらく歩く。

シャッター街のそれではなく、比較的活気のある通りだ。

この中にもおいしそうなレストランがあり、いつか食べたいものもちらほら見つかるが、
やはりここまできたら無鉄砲を食べないわけにはいかないな。

 

まっすぐ進むと少し大きな信号のある交差点にでる。

ここを渡り右手方向に再度進んでいく。

 

交差点には100円ローソンがあるので、分かりやすい良い目印になるだろう。

 

右手に歩いて2~3分ほどで無鉄砲中野店が見えてくる。駅からだと大体10分程度だ。

無鉄砲といえば今は無い奈良店や、既存の京都店、大阪店とどの店舗もいつも行列があり待つ印象があるが、ほぼこの店舗は待たずに食べれるのがうれしいところだ。

 

この中野店は多少へんぴなところにお店を構えているが、ほぼ待たずにあっさりと入店できるメリットの方が大きく感じるな。

これが池袋や新宿の中心地なら、もっと待つことになるだろうと簡単に予想できる。

 

もうこの時点でスープのいい匂いがしててかなりやばい(笑)

 

店内に入り横にある発券機で、いつもの通りとんこつラーメン(780円)を購入。

スタッフさんに案内をされ席に座る。

 

無鉄砲では自分の好みに麺の硬さ、スープの濃さ、ネギの多さを注文することができる。

自分はいつも通り、固め、こってり、ネギ多めでオーダー。

 

テーブルにはすりごま、激辛高菜、ニンニク醤油、紅ショウガの調味料が並ぶ。

 

いつもラーメンが来る前に激辛高菜をいただき待つ。

この高菜の辛さも丁度良くて、めっちゃおいしいんだよねぇ

 

そして待つこと5分ほどでラーメンが来た。

背油がたっぷり乗ったものの、全然重くなくスープとの絡み具合が非常に良い。

ただコッテリが苦手な方は、最初は普通かあっさり目の方が良いだろう。

具はシンプルでネギとメンマ、薄めのチャーシューのみだ。

麺は中太ちぢれ麺で、小麦の味をかなり感じることができ本当においしい。

下にたまった濃いスープを混ぜながら美味しくいただくことができた。この濃さは本当に病みつきになるな~。

 

食べてすぐはしばらくはいいやと思うが、しばらくしたらまた絶対食べたくなるんだよなぁ。本当に不思議。

 

 

ニンニク醤油とすりごまを入れたりして味を変え完食。

だんだんとサイドメニュー、替え玉もきつくなってきたのが悲しいものだ。

しかし今回もとてもおいしくいただくことができた。

ごちそうさまでした。

 

とんこつラーメン:780円

また行きたい度:★★★★★(星5つ)

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

住所  :東京都中野区江古田4−5−1
最寄駅 :西武新宿線 沼袋駅より徒歩10分
TEL :03−5380−6886
営業時間:昼の部:11:00-15:00 / 夜の部:18:00-23:00(売切れ次第終了)
定休日 :月曜日(祝日祭日の場合営業)
URL  :無鉄砲

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★