大阪 2018年末を大阪難波の道頓堀で過ごした

年末年始、実家がある関西に帰った時に地元の友人と年越しを難波で過ごした。
約2年ぶりにあった友人と居酒屋で少し飲み、23時ごろ何か面白いことをしてないのかなと思い、外を歩いた。

外は何となくそわそわしており、道頓堀に行けば何かあるかもという思いで行ってみるとものすごい人だかり。
しばらく道頓堀橋で様子を見ていたが、年も越していないのにぽつぽつと飛び込む人が。

そのたびに、わーっという歓声がひろがる。

 


↑道頓堀橋はこの辺。

飛び込んでる人たちは戎橋にいたので、ぐるっと回って移動をした。

 

↑戎橋に移動したものの、人が多すぎてなかなか前に行けない。

 


↑戎橋は商店街の途中にある。

 

↑戎橋より東を見る。
ぽつぽつとこの位置から飛び込む人が見えた。こんな寒いのにご苦労様です。

しかし年越しというだけで、こんなに人が集まるのはすごいことだと思う。
なんだかんだで楽しませてもらっているもんな。

 

↑心斎橋筋商店街もすごい人の数だ。

 

年を超す瞬間はカウントダウンなど特に何もなく、淡々と時間は過ぎた。
海外の観光客の方からはハッピーニューイヤーという声がちらほらと聞こえた。

 

そんなこんなで年を越し、飛び込みを見て、いい時間になったので地元のお寺に行って帰宅をした。

初めて難波での年越し。
こんなに活気があるなんて、やっぱ大阪はいいなぁなんて感じた日だった。

東京にはない元気さを感じれ、癒された今回の年越しだった。
ということで、今年もよろしくお願いいたします。