桜シーズン 大宮公園の桜を見に行ってみた

狼煙のラーメンを食べ終わり、この日最後に大宮公園の桜を見に行こうとやってきた。

桜シーズンにこの公園を訪れるのは初めてで、どんなところだろうなぁと思いつつ期待はそこまでしていなかった。

 

↑大宮公園の場所はこの辺。かなり大きな公園だ。

 

公園の北の方から入り、池の周辺を歩く。

なかなか池沿いの桜は水辺の雰囲気と相まっていい感じに綺麗だな。

時期的にもほぼ満開な様子だ。

そんな感じで池の周辺を散策していると、両側に桜の木が植えてありアーチのようになっている場所を発見。

 

この辺から露店なども出てきて、少しお祭りっぽい雰囲気が出てきた。

 

丁度いい時期の桜。本当に満開にってすぐという感じがした。

 

このアーチの中に入ると空を覆いつくす位の満開の桜に包まれる。

天気もいいし最高の花見日和だな!

 

このアーチを歩いて抜けると、ひときわ目立つ巨大な桜の木が見えた。

綺麗に1本端っこに植えられており、形もきれいな二等辺三角形という感じでとても美しかった。

 

さらにその奥に行くと見えてきた、大量の桜の木。これは圧巻というかまんべんなくかなり広い場所に植えられており、何とも言えない光景があった。

もちろん多くの場所で宴会をしており、たくさんの人が桜を楽しんでいた。

 

露店も公園を囲むように多く出ており、いい匂いを嗅ぎながらこの美しい風景の撮影をした。

桜と露店のコラボレーションも悪くないな。

 

途中にあった埼玉県護国神社の石碑。

この石碑はあったものの、鳥居を奥に進んでも神社が見えてこず公園しかない。いったいどこにあるのだろうか。

 

途中まで綺麗に剪定された木。なんでこんな感じになっているのか謎だ。

 

ぐるりと公園内を2~3周して大宮公園の桜を楽しむことができた。

こんなに素晴らしい公園が割と近くにあったなんて全然知らなかったなぁ。

来年も関東に居たらほぼ間違いなく見に来る場所になるな、と思いつつ満足をしたので帰ることに。

 

最後は氷川神社の方を通り、参道沿いにもどり駅へと帰った。

 

期待していなかった分とても楽しむことができた、ここ大宮公園の桜。

程よく露店もありまた来たい場所となり、この日は帰路に就いた。