パーイでのパレードとナイトマーケット その1

パーイに到着をしてゲストハウスに入り、チェンマイからの道中の疲れがあり少し部屋で休んでいた。
うとうとして少し仮眠をとっていたら、外がやたらと騒々しく目が覚めた。
パーイのナイトマーケットは毎日あるようで、それで何かしているのかなぁ、と思いつつ外に出てみることに。

 

するとそこには、いろいろな衣装を着て行進をしている大勢の現地の人がいた。
おそらくロイクラトン祭りに合わせた、何かお祭りだったのだろう。

とにかく、パーイ中の全員参加のお祭りですか!と言いたくなるくらいの人々がいた。
自分を含め観光客は路肩で足を止め、この賑やかなパレードに、本当にくぎ付けだった!

 

人々の着飾りにも負けないくらい、車の装飾も派手なものが多かった。
行進は10組くらいのグループ?に分かれていて、それぞれの組の車が街中を走っていたりしていた。
それぞれの組でコンセプトが違うようで、非常に見ていて楽しむことができた。

そして一番驚いたのは、その各々の車に乗車していた女性の美しいこと!!美しいこと!!

 

カメラを向けると、微笑んでこちらを向いてくれた人もいた。
後でパーイの中にある市場に行ったのだが、そこで何かしらのコンテストをしていたので、ミスパーイ的なもののイベントを何かしていたのかもしれない。
とにかく乗車している方のレベルが高くてびっくりした。

装飾された車を挟んで行進する人の中には、タイの民族衣装や、クジャクをイメージしたような変わった衣装と、
とにかく見ていて飽きない行進が、しばらくパーイの中心地を賑やかしながら進んでいた。

タイではお決まりの爆音を鳴らすトラックがいたり、生演奏で民族音楽を演奏する人々、お祭りだから何でもござれ、という感じだった。

 

自分の子や知り合いが参加していたらそこに行き、記念写真を撮る現地の人や、寝間着のような姿で子供と行進をする人も中にはいた。
自分が参加できる範囲で参加をする、この自由な感じがタイらしくてたまらなかったな。

そしてパレードはパーイ市場の方へ練り歩き、そこで終点となり終わった。
この市場近くの場所もとにかく多くの現地の人がいて、観光客も合わせてパーイで年間で1番盛り上がってるんじゃないの?というレベルでイベントが行われていた。

 

なぜか市場への途中には、セパタクローとバスケットボールをしている人たちがいた。
こちらも観客はそこそこいて、楽しんでいたように見える。
こんなイベントの時にわざわざ試合をしなくても。と思いつつ自分もしばらく見てしまった。

 

スポーツエリアを抜けたメインの広場には、観客用の椅子も結構用意されていて、その奥にかなり大きなステージがあり、ミスパーイ的なコンテストが開かれていた。
1人1人壇上の女性たちが何かしら審査員と観衆に話していたが、タイ語は全く分からないのでその場の雰囲気を楽しんだ。
優勝すれば賞金、もしくは何か名誉がもらえるのだろうか。

 

1時間ほど写真を撮ったり見ていたが、このショーの終わりが良く見えなかったので、ほかの会場の方へも行ってみた。
その横の会場では、ミスパーイコンテスト?とは対照的な、ムエタイの試合が開催されていた。
こちらも観客は相当多く、みんな熱く見守ってみていた。
とにかく人が多く遠くから見ていたが、それでも観客の熱気はすごいものがあった!

1試合を見て満足したので、そんな感じでこの日のパーイの夜は終了。
とにかくタイミングのいい時期にパーイに来れて、素晴らしいパレードを見ることが出来てラッキーだったな~。

次の日も同じようにナイトマーケットは開催されていたが、パレードとかはなく普通にまったりした雰囲気だった。その雰囲気はこじんまりとした感じだったが、非常に自分好みで良かった。

その様子は、次の記事にて紹介。