パタヤ サンクチュアリー・オブ・トゥルース(Sanctuary of Truth / 真実の聖域)へお寺の観光に行ってみた

今まで、何回か訪問をした事があったパタヤ。
しかしこんな場所があったとは、全く今まで知らなかった。
たまたま調べていたら見つけて、非常に興味があったので訪れてみた。

1981年に建築が開始され37年以上過ぎた今、未だに完成せず現在進行形で建設がされているとのこと。チーク材やハード材等を使用し古典芸術、彫刻、技術保護を目的としているらしい。
正式なお寺ではないものの、非常に美しい彫刻は本当に見る価値があった所だ。

 

▼サンクチュアリー・オブ・トゥルースの場所

この場所は、パタヤ中心地から北に6~7キロ行ったところの、ナックルア(Na Kluea)という地区にある。
宿泊していたソイブッカオ付近のバイクタクシーに外観画像を見せて、100バーツで行ってもらった。何人かに聞いて、みなこの金額だったので妥当なのだろう。
バイクで約20分、さわやかな晴天の中、あっという間に到着した。

 

▼サンクチュアリー・オブ・トゥルース入口付近


門をくぐり左手にあるチケットオフィス。こちらで入場券を買う。
ここの入場料は、1人500バーツ(約1700円。1バーツを3.4円で計算)。
安くはない金額だが、それだけの価値があるのだろう。
Googleマップの評価も非常に高かった。

 

↑チケットオフィス内には、日本との関係を示す置物があった。

 

↑園内全体マップ

 

↑入場チケット

 

▼建物までの通路

このような看板がありチケットを見せるはずが、係員はうたたね。
これチケット買わなくても良かったのでは。。。と考えさせられた。

 

なぜか馬や鳥、ヤギなどが飼われていて見ることができる。

 

ジャングルジム的な遊具も点在していた。

 

 

▼チケット確認場所

しばらく進むと、建物に向かうため下に降りる階段があり、ここできちんとチケットを確認された。
一定の時間で英語のツアーも開催されているようだが、今回は個人で回ることに。

 

この時点でもうすでにサンクチュアリー・オブ・トゥルース外観が見えて、めちゃくちゃ迫力があった。
同時にテンションもかなり高くなった!

 

建物内で使われている木組み?のサンプルが置いてあった。1つも釘などを使っていないことは無いと思うが、日本の宮大工に通じるものを感じた。

 

▼建物までの通路

綺麗に整備された緑の中を下る。

 

建物はまだ工事中という事で、下りきったところでヘルメットが渡された。
一応かぶったりもしたが、非常に蒸し暑くなったので脱いだりかぶったりという感じ。
建物内ではヘルメットをかぶっていない人がかなりいたが、特に注意される様子はなかった。

 

ドローンはダメみたいだ。

 

園内には、エアガン、乗馬、乗象など様々なアクティビティがあった。

 

▼動物たち

 

 

▼建物外観


写真ではすこし雰囲気が伝わりにくいが、本当に手彫りのようで1つ1つ像が細かく作られており、こんな建物は初めて見た。

 


まだ建設中というのは本当みたいで、ところどころ作業を行っている光景を見ることができた。

 

 

▼建物への入り口

お寺ではないものの、神聖な場所という意味では厳しいルールが書かれていた。
自分が訪れたときは普通のTシャツと、ひざ下位の半ズボン、スニーカーで訪れたが問題なく入れた。
特に監視をする人もいなかったので、割と緩そうに見えたが。

外国の特に宗教施設を訪れる際は、相手国、国民への敬意を払う事が最も大切だと思う。
日本の神社やお寺に夏だとしても、上半身裸で来られたらいい気しないもんな。

 

▼建物内部

とにかく細かい彫刻の入り口

 

中に入ると、各国言語での紹介文があった。
日本語では「真実の聖域」と呼ばれているみたいだ。
建物内部は、東西南北でエリアが分かれており、材料はチーク材などを用いているので、老朽化もあり常に修理が必要とのこと。
この文章からはすべてを読み取ることができないが、万物の創造を建物内の5室で表しているようだ。

 

▼各部屋の説明

このように各部屋には、その部屋の意味の説明文がタイ語と英語でされている。

 

建物外にはすぐ海が見え、潮の匂いを感じることができる。

 

真ん中には儀式用の座席?もあった。

 

内部も一部工事中のエリアがある。

 

故プミポン国王の写真が、建物中心部に数多く飾られていた。

 

ガネーシャ像も鎮座していた。

 


建物出口にこの建築物の主レック、ウィリヤパン氏の写真が飾られている。

 

パンフレットは日本語の物はなく、英語、中国語、韓国語で用意されていた。

 

本当に素晴らしいデザインの建物だった。
中はそこまで広くないので、ゆっくり回っても30分~1時間あれば、十分見ることができるだろう。

 

▼動物園

帰り際に寄った、ミニ動物園。
無料という事で入ってみた。

 

中には、野放しの鶏、ヤギ、アヒル、ウサギなどがいた。
目的もわからず非常にシュールだ。

 

出口まで戻り、帰りのバイクタクシーを探す。
タクシー屋さんが声をかけてくれ、ソイブッカオまで300バーツといったが、100バーツのバイタクを使うというと、150バーツまで下がった。
もし数人で訪れるのなら、安く帰ることができそうだ。

自分は出口を出て、左手に待機しているバイクタクシーで、行き同じ100バーツで宿まで帰った。

のんびり生活ができるパタヤ。
たまには、こういう建物を見に来るのもいいと思う場所だった。
非常にお勧めの出来る観光地だ!