中華料理が食べれるレストラン Perfect Meal(パーフェクトミール)に行ってみた ラオス-ルアンナムター

スポンサーリンク

ラオス、ルアンナムター2日目の夜。

この日はナイトマーケットもどきの通りではなく宿の前の大通りを少し歩いてみて、夜ご飯を決めようと思っていた。

と言ってもお店はそんなに開いておらず、選べるものは多くは無い。

 

前の通りを南北に歩いてみたが、大人数で食べるようなレストランや、少し入りずらそうなお店、そしてここパーフェクトミールがあり結局このレストランで食べることにした。

ここは1人でも入りやすく、値段はローカルの物より少し高い感じだ。

 

中国を出て2日だが、すでに中華料理の味が恋しくなっていた。

ここは表に中国語で看板があり、オーナーは恐らく中国人だろう。

 

メニューの一部はこんな感じだった。

 

価格に関しては大体15,000~30,000キープ(約195~390円。1キープを0.013円で計算)くらいで、麺料理、ご飯もの、野菜系、デザート類とバランスよくメニューがあり選びやすかった。

ただラオスっぽい食事は無く完全に中華という感じ。

ま、ラオスに来て麺料理が多かったので、今夜は回鍋肉ご飯30,000キープ(約390円)を食べようと思いそれを注文。

 

適度にお客さんも入っておりガラガラよりは安心かな。

というか夜に開いているお店の選択肢が中心部でも少なすぎるんだよなぁ、ルアンナムターは。

 

そして5分ほどで注文した料理が出てきた。

 

うむ、スープ付きで普通においしそう。と言う事で食べてみることに。

 

辛さは全然なく、中国で食べた回鍋肉にそっくりで味は濃いめで非常においしい。

薄く切られた豚肉がしっかり入っており、そしてそこに色々な野菜も入っているから、その辺もバランスが結構よかったと思う。

ラオスはどうも野菜不足を感じていることが多かったが、たまにはこういうのもありかなと。

中華料理らしく、相変わらずお皿に残った油の量は凄かったが(笑)

 

そこそこ量もあり1食で丁度いいくらいのお腹の膨れようだった。この味なら他の料理も結構期待できるんじゃないかなぁと思える味だった。

 

オープンの時間は分からないが、夜は20時半頃行ってまだ開いていたのでまあまあ遅くまで開いているレストランだと思う。

中心地からも近くにあるので、中華が恋しくなった方は行ってみてはいかがだろうか。

今回宿泊したマニーチャンゲストハウスからは歩いて30秒ほどの位置にある。

 

美味しい回鍋肉、ごちそうさまでした。