パタヤ 出来立てのターミナル21に行ってみた

2018年10月19日にオープンした、パタヤ北側にあるターミナル21。
オープンして約1か月後の状況を紹介したい。

バンコクのアソークにあるターミナル21はよく訪れるが、ここパタヤは工事をしているのは見て知っていたが、オープンしてからは来ていなかったので、今回訪れてみた。

 

▼ターミナル21パタヤ外観

ターミナル21は空港をモチーフにしたデパートで、各フロアを世界の国をイメージした造りが特徴的だ。
パタヤのターミナル21は外観もこだわっており、飛行機をなんと2機も展示していた!

上記2枚目は、ボーディングブリッジをモチーフにした通路。
足の部分もタイヤの形で、こだわりがかなり強く感じれる。

建物正面の離陸時の飛行機はSCB(タイの銀行)のラッピングがされていた。
広告の用途で使う飛行機なのだろう。
それにしても発想が素晴らしいし、それを実際に作るのがすごいと思う!

 

▼海辺のエリア

このターミナル21の近くにはパタヤビーチが広がるが、それを意識しての人口ビーチがあった。
人工波も出ており、スタッフがここに塩を入れていたのには驚いた。

 

▼館内の様子

↑ターミナル21の特徴である、長大なエスカレーターがここにも健在。
Gフロア(日本でいう1階)から、Mフロアと1stフロアを越し、2ndフロア(日本でいう4階)まで直通のエスカレーターだ。

 

▼建物内部にある彫刻、タワーなど

館内各フロアについては、GFはパリ、MFはロンドン、1Fはイタリア、2Fは東京、3Fはサンフランシスコ、4Fはハリウッドとなっており、それぞれをモチーフとした彫刻と装飾がされている。

↑Gフロアにあった噴水のオブジェ

 

 

▼Gフロアのパリ

Gフロアにあるパリをイメージした、エッフェル塔のオブジェ。
電装がされていて非常に綺麗で、4Fまで吹き抜けで作られており迫力がすごい。

 

▼Mフロアのロンドン

MF(日本でいう2階)はイギリスのロンドンのフロアとなり、ロンドンバスが飾られていた。

 

▼1Fのイタリア



1Fはイタリアをイメージ。
上記2枚目のピサの斜塔があり、またベネチアのゴンドラが浮かぶエリアも、実際に水を張って表現されている。
本当にこだわりがすごいと感じた。

 

▼2Fの東京

国と都市とが入り混じっているのは、わざとなのか、あえてなのか。
タイ人の、日本東京のイメージは以下のよう。
タイといわず世界の日本のイメージなんだろうなぁ。

 

↑大きな招き猫

 

↑各種お面。般若が多いぞ。

 

↑ファーストフードでおなじみの、吉野家や丸亀製麵もこのフロアにあり。

 

↑アニメっぽい可愛い壁紙

 

↑かなり大きな力士のオブジェ

 

↑コイが泳いでいた

 

↑定番の桜も健在。もちろん造花だが、この場所でセルフィ―を取る人も結構多かった。

 

↑目がやばい歌舞伎役者

 

↑大阪で有名な、お店の提灯もあった

 

↑このガンツみたいな逝っちゃってる看板、大好き。

 

↑新幹線の看板があるお店

 

↑東京メトロだが、なぜか名古屋圏の駅がある。

 

 

▼3Fのサンフランシスコ

↑大きな赤い橋がかけられており、迫力がすごかった。

 

▼4Fのハリウッド

ここには映画館と、レストラン、フードコートがあった。

今回訪れた時には食べなかったが、ターミナル21に入っているフードコートPIRE21はかなりおススメだ。
アソークのターミナル21のフードコートによく行くが、種類が豊富で味も良く、何と言っても綺麗で安い!

館内にある店舗については、ルイヴィトン、シャネル、グッチなどハイブランドは無いものの、H&M、ユニクロ、アディダス、ナイキ、リーバイスなどカジュアルなお店が軒を連ねる。

日本食のレストランも多く、食事や生活用品の買い物、時間つぶしにはもってこいだと思う。

日本にはないデザインのデパート。
パタヤを訪れた際は、一度は行ってみてもいい場所だ!

 

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

住所:456,777,777/1 หมู่ที่ 6 N Pattaya Rd, ตำบลนาเกลือ Bang Lamung District,
Chon Buri 20150 タイ
TEL:ー
営業時間:10:00~22:00
定休日:無休
URL:ターミナル21パタヤ

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★