スマホの回線をBIGLOBEモバイルからドコモの新プランahamo(アハモ)に変えてみた「part1」 変更した理由について

スポンサーリンク

2019年ごろから、通信費の削減のため格安SIMを契約して使用をしていた。

 

多くの格安SIMが出ている中で選んだのがビッグローブモバイル。

特にこれが決め手!という理由は無いのだが、ドコモの回線が使えるSIMが用意されていて、契約から6か月間(料金プランが半額だったかな?)割引で安くなるサービスと、店頭でみたヨドバシカメラのポイントが付くキャンペーンもその時していたからだったと覚えている。

それまで格安SIMの存在は知っていたけど、何か漠然と利用するのに不安だったが、試しにどんなものか使ってみようかな、というノリだったと思う。

 

BIGLOBE mobile (ビッグローブモバイル)

 

 

それ以前はドコモで回線を契約しており、月の利用料が機種代の分割代を含めると8,000~9,000円ほどという値段で利用していた。

ビッグローブの格安SIMに変えてからは、音声+データ3GBの通信料のみで大体1,600~2,000円ほどになり、スマホ本体は以前使っていた支払い済みのドコモのXperiaを引き続き使用。

音声通話は別料金となるが自分は特に通話はほとんど利用しないので、また外で動画を見なければデータ容量も3GBで足りて全部使わなければ翌月にデータ容量も繰り越しもでき、回線も悪くなく全然これでいいじゃんとそれをしばらく使い続けていた。

 

そして2021年に入って通信会社大手から新プランが続々と発表され、ブログのネタになりそうな何か面白そうなところに変更しようかなぁと検討。

とはいえ大手に乗り換えるならやはり信頼のあるドコモ回線のahamoか、それ以外なら別の格安SIMで探していた。

 

 

スポンサーリンク

 

 

格安SIM ビッグローブモバイルの新料金プランも全然悪くない

 

 

そもそも今使っているビッグローブモバイルの回線でも特に不満は無かったが、こちらも新料金プランが出ると言う事で確認をしてみた。

 

下記のビッグローブモバイルのページより確認可能!

BIGLOBE mobile (ビッグローブモバイル)

 

 

ちなみに現在、第二世代のiPhone SEが20,000円分のポイント還元キャンペーンもしており、狙っている機種ならかなりお得に手に入れることが出来るはずだ。

 

 

ちなみに現在使用しているのが、上の表でいうと3GBの1,600円のプラン。

これが新料金プランになると400円の値下げで、月額料金が1,200円になると言う事だった。

 

 

ちなみに2021年5月の利用内訳はこんな感じ。

音声通話は別料金で30秒/20円(税別)となっている。

仕事などで電話をよくする人にとっては全然お勧めできないプランだけど、データ通信がメインで電話は極たまにか緊急時くらいの自分の使い方には非常にマッチしているプランだと思う。

 

 

そしてビッグローブモバイルの新料金プランに合わせた割引サービスもやっており、3GBプランの場合なんと1年間の期間、月額1,200円の所が700円になるとのこと。

う~ん、正直このままビッグローブでいいんじゃないかなぁとも思ってしまう。

 

 

そして気になっていたのがエンタメフリーというサービス。

最近外で動画を見る機会が多くなり、Youtubeで動画を見ようものなら3GBなんて数日で消費してしまう。

そんな時にこのエンタメフリーを契約すれば、Youtubeを含む21種類の対象サービスが容量無制限で利用できるというシロモノ。

 

対象サービスについてくわしくは下記のページで確認できる。

 

 

こちらもキャンペーンで半年間、通常280円のところが無料、どちらの割引も終わった1年後で考えてみても1200円+280円の計1480円(税別)で、データ容量3GB付きでなおかつYoutubeが見放題ということになる。

 

検討しているドコモの新プランahamoは、月20GBで2700円(税別)なので、これの約半分の料金と言う事だ。

この事実を知ってから、無理に乗り換える必要もないかなぁというのと、ブログネタにするためahamoに乗り換えるか?の半分半分という感じだった。

もう他の格安SIMは全然調べる気にならず、継続か変更かという考えに。

今までのように通信費を抑えるのなら間違いなく、このままビッグローブモバイルを利用した方がいいのは間違いないんだけどな。

 

 

 

ビッグローブモバイルに問い合わせをしてみるが

 

 

そんな中このエンタメフリーの半年間無料キャンペーンについて分からないことがあり、公式サイトから問い合わせをしてみた。

しかし今まで使ったことがないから気づかなかったが、このビッグローブの管理画面から「問い合わせ」に行くのがめちゃくちゃ分かりづらい。

シンプルに電話番号とメールでの問い合わせがすぐに見れる場所にあればいいが、それがそうではなく本当に不親切。

問い合わせ電話やメールが来ないようになるべく避けようとしているのだろうが、まじで改善して欲しい。

 

そしてなんとかキャンペーンについて問い合わせメッセージを送ったのだが、待てど暮らせど全然返事が来ない。

問い合わせ画面にはGmailアドレスを登録して送ったのだが、送信トレイにもなく、ビッグローブモバイルのメール管理画面にも特に送信した履歴が見当たらず。

4日目経っても返事は無く普通に送信ミスってたのかも?と呆れたのを通り越し自分のミスだなと思う事に。

 

まーすぐに変更しないといけないモノでもないし、またよく見て解決しようと思っていた。

そして7日後、問い合わせしていたことも忘れていた時に、なんと担当者からメールで返事が。

 

このメッセージを見た瞬間忘れていた呆れが復活し、ahamoへと変更しようと決意!

この通信回線の乱世の時期に、1週間も問い合わせの返信に時間がかかるってどうなのかな?

よくよくGmailのトレイを見てみると、送信完了の自動返信メールが「プロモーション」タブの中に紛れて入っており、その中にはコロナの為1週間ほど返事に時間がかかるとも書いていた。

 

ま~格安SIMの会社のサポートに期待をしてはいけないだろうが、本当に残念な気持ちになったし、そんなに大量に問い合わせが来るくらいに人気なら大丈夫だな!という謎の気持ちになり、その日にMNP転出の手続きを取ってしまった。

カスタマーサービスについては確かに今回残念だったが、商品の回線自体は品質もよく十分納得できる低価格なのは素晴らしいと思っている!

その安さの条件として、トラブルや今回のような問い合わせのような場合は、多少のリスクというか手間がかかることを十分に理解する必要があるだろう。

それが心配なら、従来通り10,000円程度を毎月支払い大手3社のフルサポートで利用をしなければならない、その線引きをどうするかというだけだ。

 

 

 

また余談だが、これと近い日の数日前にiPhone12ProMaxのケースで使っていたメーカー、ケースティファイにも同じく問い合わせのメールをしていた。

担当者は外国人の名前だったが、流ちょうな日本語でメッセージの送信から2時間くらいで返信が来ており、逆に早すぎてびっくり。

回答も外国らしく必要最低限、シンプルでとても好印象だった。

このこともあり1週間の返信期間がより長く感じてしまった要因かもしれない。

同じコロナ禍とはいえこうも対応が変わるのは、日本の企業だからか外国の企業だからか、取り組み方の違いは本当に大きいと感じるな。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ビッグローブモバイルのMNP転出の手続きはわりと簡単

 

ということで話は戻り、ビッグローブモバイルのMNP転出手続きを行ったので、進め方について少しまとめてみた。

 

まずはこちらの会員サポートページより、真ん中の検索バーで「MNP解約」と検索。

 

 

新料金プランの案内が出てくるが、右に「解約はこちら」とあるのでそのリンクをクリック。

 

 

「BIGLOBEモバイル」MNP転出・解約と出るので押して進む。

 

 

一番上にあるMNP転出(BIGLOBEから他社へ)を選択。

 

 

同じページ内の下部に移動するので、解約・他社へのMNP転出手続きについてをクリック。

 

 

「MNP予約番号の発行」と右にボタンが出るのでこちらを押して進める。

別ページに移動し、ログイン画面になるのでそのままログインをして処理を続けていく。

 

 

自分の今使用している携帯番号が出てくるので、確認をして次に進む。

ここで気を付けないといけないのが、MNP転出手続きをして番号を新しいものに引き継がないと、この番号は2度と使えないという注意が書かれており、次の転入先をきちんと決めてから行おう。

 

 

その他にも注意書きが沢山出てくるので確認をし、OKなら一番下の「MNP予約番号を発行し、解約予約する」を押すと完了となる。

 

 

とこんな感じで、流れに沿って無事にMNP転出の手続きが完了した。

この予約番号は次のahamoの登録に必要なので、これを持ってahamoの新規契約について次の記事で書こうと思う!