BTS Ratchathewi(ラチャテウィー)駅近くのチムチュム屋台に再訪 タイ-バンコク

この記事は2019年6月の出来事についてを記載。

 

タイにくると最近は必ず1度は食べたくなるタイ料理、チムチュム。

土鍋のポットに肉や魚、野菜を入れて煮込んで食べる鍋料理だ。

以前バンコクを歩いていて見つけたお店があり、今回も食べたくなったので訪れてみた。

 

ちなみに以前食べた時の記事は下記より。

 

チムチュム屋台の場所

 

この屋台の場所は、中心地サイアムから少し北に歩き、BTS Ratchathewi(ラチャテゥイー駅)近くの屋台がいくつかありその中の一つになる。

 

↑Googlemapでいうと場所は大体この辺になり、バンコク日本語キリスト教会の前になる。

夜は教会が閉まっていてわかりにくいが、テーブルが並べられた屋台があるので歩いていたらすぐにわかるだろう。

 

チムチュム屋台の営業時間

 

今回も一応スタッフさんに聞いたところ前回と少し変わっており、毎日営業で、オープンが17時からでクローズが25時とのことだった。

昼間はこのような屋台は何も営業していないので、夜のみの営業と言う事で気を付けてもらいたい。

 

チムチュム屋台のメニュー

 

自分はここではチムチュムしか注文したことがないが、その他の1品料理も数多く取り揃えており、他のお客さんが食べているのを見ると普通に美味しそうで、それらも食べたい欲にとてもかられる。

しかしチムチュムだけでかなりお腹一杯になるので、他の料理はまだ未体験だ。

大体1品が40B~100B(約140~350円。1タイバーツを3.5円で計算)くらいなので、特別高いわけでは無いリーズナブルな料金だと思う。

複数人で行く機会があれば是非他の料理も食べてみたいものだな。

 

メニューについては以下の通り。

 

 

 

豚のチムチュムを注文

 

今回は豚のチムチュム200B(約700円)を注文。(前回の記事、2018年11月より20Bも上がっていた)

野菜のセットと、生卵と混ぜられた豚肉のプレート、漬けタレ、土鍋のセットで運ばれてくる。

これに白御飯10B(約35円)を追加して食べたり、これだけで食べたりと空腹具合によって食べる量を変えている感じだ。

いつも注文する時「チムチュム」の発音が悪いのかなかなか通じないことがある(笑)

メニューの中で言うと「Thai Style “Pork(豚肉) or Beef(牛肉) or Seafood(海鮮)” Sukiyaki」になるので、それを指差せば大丈夫だろう。

 

豚肉は生卵と混ざっているが、鍋でしっかり煮るので食あたりの心配は特にないし、今までお腹を壊したことは無いな。

 

野菜は白菜と、マロニー的な細いこんにゃくと、菜っ葉。これらを手でちぎって食べやすいサイズにして煮込む感じ。

 

1度に全部は鍋に入りきらないので、大体2~3回に分けて煮込んで食べて、今回もとても美味しくいただくことが出来た。

つけタレが少しピリ辛なので、スープのみでたべてもあっさりしたダシがきいており十分そのままで食べることが出来る。

その辺はお好みに合わせて調整して食べていただきたい。

 

ビールなんかにもとても合うタイ料理だと思う。結構なボリュームで大満足の夕食を食べれたな。

現地っぽいものを食べたい方には、是非お勧めのチムチュム屋台だ!

 

チムチュム(豚)セット:200バーツ

また行きたい度:★★★★☆(星4つ)

 

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

店名:ー
住所:Phayathai Rd, Khwaeng Thanon Phetchaburi, Khet Ratchathewi, Krung Thep Maha Nakhon 10400 タイ
TEL:ー
営業時間:17:00~25:00
定休日:無休
URL:ー

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★