Casio G-Shock レンジマン GW-9400J-1JFのベルト交換をしてみた

スポンサーリンク

購入してから約7年、海外旅行中からずっと使っているG-Shockのベルト部分を壊してしまった。

といってもベルトがちぎれたわけではなく、写真のように金属の金具部分がベルトから外れてしまい、腕に装着が出来ないような状態だ。

 

非常に愛着のある時計なので買い替える選択肢は無く、Casioに修理に出そうかな~とも思ったが、アマゾンを見ていると交換ベルトが何種類か売られているのを発見。

カスタマイズ用の派手な色のモノや、純正の交換ベルトも用意されている。

値段は大体3,000円から10,000円で、純正かそうじゃないかの違いがあるのだろうね。

 

ということで、自分で出来そうだったベルト交換をしてみたので少しまとめてみた。

 

AmazonでGW-9400用の交換ベルトを購入

 

今回購入したのは、一応カシオ純正と書かれていたGW-9400用の交換ベルト。

 

商品ページはこちらのもので、価格は2,900円。

 

最初、到着したものを見た時はどうも安すぎるし偽物かなぁと思っていたが、コメントなんかを見ているとこのアイテムは一応Casio純正品だが、ベルトにカーボン繊維が入っていないタイプのようだ。

 

もう一度探してみると、こちらの別のGW-9400J 用交換ベルトの項目欄にはこう書かれている。

 

『カーボンファイバーインサートバンド』 引張耐久力に優れたカーボンファイバーを樹脂にインサートすることで、切れにくい強靭なバンドを実現しました。高度な成型技術を駆使することで、ホールド感の高い2穴タイプのバンドへの採用を可能にしています。

 

 

こちらがレンジマンに元々ついている、全く同じ内容のベルトなのだろう。

ちなみにこちらのベルトの料金は9,980円。

全く同じものが欲しい場合、カーボンなしのベルトの3倍以上の値段がするようだ。

購入する前にこの違いをよく見て気づいてたとしても、カーボン入りの交換ベルトは手が出なかったかもなぁ。

もちろん交換ベルトがそれしかないなら仕方ないけどね。

 

交換した結果としては、とりあえず問題なく使用はできているので満足できる買い物となった。

あとは耐久性だけど、7年とは言わずその半分でも持てば十分かなと思っているので、また何か不具合が出たらこのページに追記することになるだろう。

 

 

今回の交換ベルトは4月29日にアマゾンで購入し、5月1日にネコポスで到着。

プチプチ付きの茶封筒でポスト投函されていた。

 

 

交換ベルトのパッケージ表。

 

 

交換ベルトのパッケージ裏。

モデルはGW-9400-1と書かれている。

 

 

この「world.casio.com」が、なぁ~んかいかにも嘘っぽい感じを醸し出していたが、調べたら普通にカシオのワールドワイド版のHPで公式のモノだった。

疑ってしまってすいません。

 

これから下には、自分が今回行ったベルト交換の手順や清掃方法を書いているが、

正直このやり方が正しいのかは分からないので、ベルト交換や清掃作業はあくまで自己責任で!

 

 

スポンサーリンク

 

 

G-Shock レンジマン GW-9400のベルトを外す

 

他の人が同じようにG-Shock のベルト交換についての記事を書いているが、このモデルのは見つからず。

別のモデルだと、伸縮性の小さい棒をベルトと本体とのつなぎに使っているものもあるようだが、このGW-9400は普通にネジ2本で上下のベルトが止まっているように見える。

 

 

ベルトを止めているネジはこれ。

これを外せばベルトは外れそうだけど、どうかな?

 

家にあった+ドライバーの0番を使用して外してみる。

 

こちらの製品が家にあったので、この中の一番小さなドライバーを使用した。

 

 

うん、普通に外れた。

多分簡単すぎて誰も記事にしていないのだろうというくらい、普通にネジを回すだけで綺麗に外すことが出来る。

外したこのネジは、あとで新しいベルトに使うので無くさないように!

 

 

なんか長さが違うとアマゾンのコメントで書いている方もいたが、自分のは同じ長さだった。

左がもともと購入時に付いていた壊れたもので、癖で丸まっているが穴の数も長さも全く同じだ。

 

 

裏面はこんな感じで、カーボンが入っているか入っていないかが一目でわかる違いがあるね。

やっぱカーボン入りの方が個人的にはかっこよく見えるけど、次回再度ベルトを交換することがあれば、高いけど買ってみるかもな~。

 

 

ちょっとわかりにくいけど、この穴に入れる金具の根元が切れて、金具がすっぽりと取れてしまう状態。

一番左の部分が欠損して、金属の棒がそのまま見えているのが分かるかな。

 

長い方のベルトも穴数と長さは同じだった。

 

 

長い方のベルトの先の文字が「CARBON FIBER」と「TRIPLE SENSOR」で異なっていた。

左が元々のベルト、右が今回購入した交換ベルトだ。

今回購入したベルトはカーボンなしなので、当然っちゃ当然だけど違う言葉になっている。

 

 

スポンサーリンク

 

 

時計本体の掃除をしてみた

 

こちらが上下のベルトを両方外した時計本体。

ガワが外せそうなので外してみた。

 

 

なんかちっちゃい部品が出てきてすんなりと外すことが可能。

う~ん、かなり汚れがたまっているなぁ。

 

 

時計本体右側のよごれ。

 

 

時計本体左側のよごれ。

 

 

時計本体左側のよごれ。

この小さい部品はこのスピーカー穴らしきところに置いて、ガワの黒いカバーを付ければ元通りになった。

 

 

 時計本体下側のよごれ。

 

とにかく7年間の汚れがたまっており汚かったので、適当に要らない歯ブラシでごしごしと磨いてみることに。

水洗いはもちろんできるので、いいか悪いか分からないけど歯磨き粉を少し使って磨いてみた。

5分ほどで大分と汚れは落とせたので、適当に乾かして組みなおしにかかる。

 

 

清掃後、時計本体左側の状態。

 

 

清掃後、時計本体下側の状態。

 

 

清掃後、時計本体右側の状態。

 

 

清掃後、時計本体上側の状態。

 

 

左側の時計本体全体を歯磨き粉で水洗いし、右のガワも同様に歯ブラシで洗い水洗いしタオルで水けを拭きとった。

今回この手順で清掃し特に問題は無かったものの、正直このやり方が正しいのかは分からないので、ベルト交換や清掃作業はあくまで自己責任で!

 

 

清掃後、時計正面。

 

 

清掃後、時計背面。

 

あとは外したやり方とは逆に、短いベルトを時計上側にとりつけ、長いベルトを時計下側にねじ止めして完了。

今回購入した交換ベルトには、取り付けのネジは入っていないので、元々のベルトに使われていたネジは無くさないように気を付けよう。

 

 

ベルト取り付け後の状態。

 

 

ベルト取り付け後の状態。正面はこんな感じ。

 

 

ベルト取り付け後の状態。全体像。

今回はカーボン入りではない安い交換ベルトを取り付けをしたが、質感も悪くない十分満足できるものだった。

どうしても同じものがいい人は、少し高いがカーボン入りのベルトが良いだろう。

 

ちなみにCasioのサイトで同じモデルのベルト交換の費用を見てみると、概算だったが部品代が8,200円で交換手数料が1,000円と出てきた。

9,200円+税なので、このカーボン入りのモノをアマゾンで買うのなら、安心できるカシオに修理依頼してもいいかなと思う。

時間はおそらく1週間とかはかかるだろうから、急ぎの場合はアマゾンで購入、自分で交換もありなのかな。

 

ということで、ベルト交換と清掃についてのまとめは以上だ。

 

 

ソーラー充電のシステムもあり、7年間で一度も電池交換せずとも元気に動いてくれているこのG-Shockのレンジマン。

タフなのはもちろんの事、世界48都市のデータが入っており海外での時計合わせも非常に楽なので、旅行が好きな方にはとてもおススメできるアイテムだ!