iPhone7 バッテリー内蔵ケース(大容量6000mAh) 4.7インチ用のレビュー

前に所持をしていた、Sony製 Xperia Z3 Compact。
容量や電池、動作にかなり苦しみながらもサイズ感が抜群で使っていた。
しかし、通話時に音声が聞こえなくなったりと、電話としての役割が厳しくなり、5月頃久しぶりにiPhoneを購入した。
iPhone4以来の、iPhone7だ。8やXはまだまだ高く、中古の7を購入。

それでも見た目の出来や、ソフトのサクサク感はやはり素晴らしい。
海外みたいに、シャッター音が消せるなら最高だったのに。

中身はとにかくいいのだが、電池の減りがすごく早い気がしてならなかった。
電池消費の診断をしても、90%と特に問題はなさそうだった。
普通に探し物をネットでしたり、地図アプリ、ライン程度しか使っていないのに、朝に出て夕方には20~30%という印象だろうか。

なのでいつもモバイルチャージャーを持ち歩いているのだが、カバーに電池が入っているものをアマゾンでたまたま見つけて、面白そうだったので購入をしてみた。

 

▼こちらの商品を購入

 

▼箱を開封した様子

この商品についてのユーザー評価は非常に高く、カバーしたまま充電ができてボタン一つで充電のオンオフもでき、違和感なく使えるという事だった。

箱を開けて、中身を見た第一印象として、「思ったより分厚い」という事だ。
ケース内のバッテリースペックとしては6000mAhということで、そこそこ容量はあると思う。

iPhone7自体の内蔵バッテリー容量は1960mAhらしく、この約3倍がケースに入っていることになる。そりゃ確かに分厚くなるか。
奥行としては約16mmとなっている。

 

▼装着した様子

素材はすべすべしているが、グリップしやすく傷もつきにくそうな素材で良い。
少しずっしりとくるが、慣れれば問題なさそうだ。
また電源、音量ボタンの押したときの感度も良く、違和感は全くない。

横から見ると分かるかもしれないが、ケースと画面の高さがほぼ同じなので、万が一落としたりした場合は、画面に傷がつきやすいかもしれない。
前のケースは画面を下にした時、ケースが高かったので床から画面が浮いている状態だった。

 

カメラの淵を見ると、その厚さがよりわかるだろう。
底部はイヤホンジャック用、スピーカー用の穴と電源の差込口がある。
この商品はiPhone6/6s/7/8と兼用なので、6のイヤホンジャックにも対応をしているからだ。

肝心の本体への充電時間については、iPhone7の充電を残り30%として充電開始した場合、

15分後→45%、
25分後→55%、
40分後→68%、
55分後→80%、
70分後→90%、
80分後→94%、
90分後→96%、
99分後→100%、

という内容で充電をすることができた。(充電中は充電割合を見る以外、放置状態)
コンセントからの充電とほぼ変わりなく、素早い充電ができる印象だ。
上記の充電終了時に、本体裏にある4つのLED表示のうち、3つが店頭する状態になっていた。

という事で、モバイルバッテリーいらずのこの商品、容量に関してや本体の質も良く買ってよかったと思う。あとはどれだけ壊れずに、持ってくれるかだ。

また普段使いでも役立つだろうが、最近多い自然災害時にも、この容量の保険があるという事にかなり安心できるだろう。容量からすると、2~3日程度は十分持つと考えられる。

満足度はかなり高い商品だが、個人的には3000~4000mAhにして、もう少し薄くできれば最高の商品だと感じた。

お勧め度:★★★★☆