Manychan Guest House (マニーチャン ゲストハウス)宿泊レビュー ラオス-ルアンナムター

スポンサーリンク

2019年6月にルアンナムターで泊まった、Manychan Guest House。

ルアンナムターのど真ん中に位置しているゲストハウスで、景洪から移動した時に使ったタクシーがここの目の前に止まり、中を見て普通に宿泊できそうだったので選んだ宿。

商店やレストラン、ATM、ナイトマーケット、レンタルバイク屋がすぐ隣近くにあり、生活に必要なものは一通りここで用意することが出来た。

 

今回はブッキングドットコムやアゴダは使っていないが、ここはもともとオンラインの予約サイトに登録をしていない宿のようだ。

 

中国景洪からルアンナムターへの移動記事は下記から。

 

 

 

Manychan Guest Houseの場所

 

↑グーグルマップ上でのゲストハウスの場所はこの辺。

 

ルアンナムターはバスターミナルが街の南にあり、中心地からは車で20分ほどと少し離れた位置にある。

他の街から来たときはバスターミナルからトゥクトゥクでここの中心地に来るか、ミニバンだとそのままこの中心地に来るような感じの街だと思う。

今回は中国から国境を越えて来たが、街の規模感や発展具合は中国と比べかなりのギャップがあり、一気に田舎に来たなぁ~というのんびり具合を感じることが出来た。

これがまたラオスの良さの一つだけどね。

 

ゲストハウス受付と1階スペース

 

ここのゲストハウスは1階がレストランになっており、その奥に受付がある形だ。

朝から夕方までそこそこレストランを使うお客さんを見ることが出来るので、そこそこ有名なレストランなのかも。

でもスタッフは全然商売っ気がなく、部屋が空いているかを聞きに行って価格表を見せてもらうことが出来た。

 

宿の受付はこのようなカウンターがある。

しかしスタッフはいつも近くのテーブルで談笑をしていることが多かった。

これもラオススタイルだね。

 

ドミトリーと個室があったが、何となく個室が良かったのでそちらを選択。

カギを渡され部屋を見に行って、OKかなと言う事でチェックインすることに。

料金はドミトリーが30,000キープ(約390円。1キープを0.013円で計算)で、ダブルルームのファン利用の部屋が70,000キープ(約910円)だった。

ちなみにダブルルームでエアコン有りが別料金100,000キープ(約1300円)で、ツインルームのファン利用が90,000キープ(約1170円)、ツインルームのエアコン有りが150,000キープ(約1950円)と価格表にのっていた。

 

宿泊した部屋について

 

部屋の中はこんな感じ。

この時宿泊した部屋はダブルベッドのタイプで、自分が利用したときは1泊70,000キープ(約910円)で、朝食なしだった。

タオル、石鹸、トイレットペーパー、水が付属しており、いたって普通という感じの備品。

設備はTV、天井ファンと、トイレシャワーが付いており、綺麗な感じではないが清掃は一応されておりラオスの一般的な安ゲストハウスと言った感じ。

東南アジアを旅行し慣れている人にとっては普通だが、日本からいきなりここに来ると抵抗がある人が多いだろうな。

そういう感じのレベル。

 

日中気温はそこそこ高かったが、夜は涼しくエアコンが無くても普通に寝れる感じでファンで十分だった。

ちなみにインターネットの環境が良くないルアンナムターだったが、宿にあるWi-Fiの計測をすると日中で3.7mbpsの速度だったので、ラオスの田舎と言う事を考えれば、特に不満は無いレベルの早さだった。

踊り場にフロアごとにルーターが設置してあったので、どの部屋も同様に電波が入りそうな感じだった。

 

バストイレなど

 

お湯は最終的に出ず水シャワーだったが、外に出ると汗をかくくらいは暑かったので水シャワーで丁度いい感じ。

水すらもぬるい感じで水量は物足りないかな。でもこの値段だし文句は言えない。

 

総評

 

今回はラオスのルアンナムターでの宿泊となり、値段を見れば可もなく不可もないゲストハウスだった。

街の中心という立地は良かったので、観光とか生活はしやすい場所だと思う。

数は少ないがブッキングドットコムなどに登録されていている宿もあるので、金額と相談して選ぶのがいいだろう。

値段と質を考えれば、十分ここも選択肢に入ると思う宿だ。

 

価格   : ★★★☆☆ この質と立地だと、普通かな思う (ダブルベッド個室を70,000キープ/泊で利用)
立地   : ★★★★☆ ほぼ中心地で問題ない立地
設備   : ★★☆☆☆ 設備は少し残念という感じ、古さを感じてしまうが値段を見れば仕方なし
雰囲気  : ★★★☆☆ 1階のレストランはいい感じ。部屋も悪くは無く個室でゆっくりできる
スタッフ : ★★★☆☆ 商売っ気は全くないが、親切で優しい感じが伝わった
お勧め度 : ★★★☆☆ 立地はとても良い、ラオスの安ゲストハウスだった
 

名称 –Manychan Guest House

住所 – 不明

最寄り駅 – 特になし

 

 

追記

 

ちなみに、今回宿泊したManychan Guest Houseのすぐ近く歩いて1分ほどの距離に、

Thoulasith Guesthouse(トゥラシットゲストハウス)という宿があった。

こちらは外観しか見ていないが、比較的新しめの建物でブッキングドットコムにも登録がされている宿だ。

 

こちらもほぼ中心地に位置しており、立地はManychanと同様に非常に良い場所だ。

そして予約サイトに登録されている画像を見ても、Manychan Guest Houseよりは綺麗に見える(笑)

 

下記booking.comのサイトより部屋のイメージ写真を見ることが出来て、サイト内での評価は8.2ポイントとなっている。

サイト内の口コミも、比較的いい内容のものが多いので安心して使えそうだ。

Thoulasith Guesthouse

価格については、ダブルルームが1400円~とManychanに比べて少し高いものの、エアコンを使った場合とほぼ同じ価格帯で、それでいて清潔さを気にする方にはこちらの方がおすすめだろう。

ルアンナムターの観光シーズン中で宿の予約を必ずしておきたい方は、こちらの宿も検討してみてほしい。