絶景の立ち湯があるオーシャンスパFuua(フーア)に行ってみた 日本-静岡 熱海

スポンサーリンク

初めての熱海での宿泊をした翌日、お昼ご飯を食べ、いよいよ行ってみたかったスパへと向かった。

それが、相模湾を見渡すオーシャンビューの立ち湯が有名らしい「オーシャンスパFuua(フーア)」だ。

 

たまたま宿泊したゲストハウスで割引券をもらえたのもラッキーだった。

そのゲストハウスについてはこちらより。

 

 

オーシャンスパFuuaの場所や営業時間など

 

今回は車で訪れていたので、駐車していたゲストハウス近くからFuuaに向かって出発。

距離はとても近く、だいたい5分くらいで到着できた。

 

ゲストハウスのある熱海銀座からも歩いて行こうと思えば十分可能な範囲で、大体20分くらいで行けるだろう。

海岸線沿いを歩くので綺麗な景色を見ながら散歩がてらいい距離なのかもしれないな。

 

▲グーグルマップでいうと「Fuua(フーア)」はこの辺り

 

オーシャンスパFuuaの公式サイトはこちらより。

 

ちなみに駐車料金は、Fuuaを利用する場合は5時間まで無料となっている。

駐車券をフロントまでもっていってその旨を伝えれば手続きをしてくれた。

 

営業時間については、自分が訪れた2月下旬は10時から18時まで(最終入場は17時)と営業時間の短縮が行われていた。

※2021年6月4日追記

現在は営業時間の短縮は無く、通常通り10時から22時まで(最終入場は21時)となっている。

また緊急事態宣言や何かの拍子に変更になる場合が出てくるかもしれないので、一応行く前は公式のサイトで最新情報を見るようにした方がいいだろう。

 

スポンサーリンク

 

 

Fuuaの館内に入るまで

 

駐車場からFuua館内に向かう途中、なかなかインスタ映えしそうな光景がお出迎え。

こちらはATAMIと置かれた文字たち。

夜の写真を見るとここの通路はライトアップもされるようで、なかなか雰囲気があってこだわってるなぁと感じた。

 

 

そしてなぜかミニ神社も置かれていた。

公式サイトには特に説明などを見つけることが出来なかったが、おそらくちゃんとした神様を祀っているのだろう。

 

 

先に進むとFuuaの建物が見えてくる。

かなりシンプルで看板だけが設置されていたが、かなり大きな建物で中も期待が出来そうだ。

 

 

受付は2階とあり、館内に入ってエスカレーターでそちらへと向かった。

 

 

営業時間変更のお知らせ。

 

 

中に入り2階へ上ると、コロナ対策はしっかりされており一人ずつ消毒と検温をされ、そしてカウンターへと案内をされた。

 

 

カウンターに行く前に靴をここで脱いで入った。

 

スポンサーリンク

 

 

Fuuaの料金

 

2021年2月に訪れた時の料金表はこちら。

 

 

ゲストハウスマルヤでもらったFuuaの割引券には2,500円が2,000円にと書かれており、この券を使い2,000円に200円の消費税と150円の入湯税の計2,350円で利用することが出来た。

割引券を出したのは入館時に対面のカウンターだったが、支払いはFuuaを出るときに機械で自動精算となっている。

 

カウンターでは飲み物などが買えるリストバンドとロッカーのカギ、そして館内着やタオル1式を受け取った。

なので何も準備せず手ぶらで訪れて完結できるので非常に楽で素晴らしい。

そのまま男性は5階のフロアに案内され、そこが脱衣所と温泉になっているのでエレベーターで向かった。

 

スポンサーリンク

 

 

Fuuaの大浴場と立ち湯を満喫

 

脱衣所からは当然写真は撮れないので言葉中心の説明になってしまうが、中はかなり綺麗で清掃もこまめに行われており、値段通りのクオリティだなと思った。

 

アメニティも男性フロアは「化粧水、乳液、ボディローション、綿棒、ドライヤー、ハンドソープ」と充実しており不満は全くなし!

女性フロアは「化粧水、乳液、ボディミルク、ヘアートリートメント、クレンジング、コットン、綿棒、ドライヤー、ハンドソープ」と少し種類が多いみたいだ。

 

もらったロッカーまで移動をし脱衣をすませ浴場へと向かった。

 

Fuuaの公式サイトにある館内のマップ。

5階のメンズフロアはこんな感じ。

 

訪れた日はお客さんも多くなく、かなり快適に過ごすことが出来た。

土日はこれは混むだろうなぁと思ったので、可能なら平日に来るのがおススメかな。

 

さっそく体を洗ってお目当ての立ち湯ゾーンへと向かった。

いままであんまり立ち湯は入ったことがないが、やはり太平洋(相模湾)を眺めながらの温泉は本当に最高だった。

 

この2枚の写真は3階から撮影したものだけど、見える風景は大体はこんな感じで、この眺めを見ながらいい感じの深さの立ち湯でのんびりとくつろぐことが出来た。

 

公式サイトにも何枚か写真があるので、そちらをみてもらえば雰囲気は十分伝わるだろう。

 

こういう沿岸にあるスパって日本に多いのかな~?

多いのなら定期的に探して入りに行ってみたいものだ!

確かに3,000円と安くはない価格設定だが十分に納得できる、熱海に旅行に来た際は是非とも訪れて欲しい、とてもおススメできる温泉だと感じた。

 

スポンサーリンク

 

 

リビングスペースでくつろぐ

 

大浴場を出た後、下の3階と4階にあるアタミリビングと呼ばれる共有スペースを散策してみた。

ここは館内着を着てくつろぐスペースで、ドリンク類の販売や、岩盤浴スペースがあったりとここも なかなかこだわりを感じれる面白いフロアで紹介のし甲斐があるエリアだ。

 

 

結構お客さんがくつろいでいるところが多く、人が少ないエリアを撮影してみた。

柔らかそうなベッドやベンチ、座椅子タイプとかなりいろいろなタイプのベッドや椅子が用意されている。

普通にテーブルとイスも用意されており、仕事か勉強か、PCを開いて作業している人も中には数人いたな。

 

 

このような雑誌も数は多くないけど用意されている。

 

 

自撮り用の三脚まで用意されており、使っているお客さんも目にすることが出来た。

内装はとてもシンプルだけどおしゃれな感じで、絵になるような工夫が多くみられたな。

 

 

場所によってはコンセントが用意されているテーブルもあった。

このエリアは無料のWi-Fiが飛んでおり、計測したら約30Mbpsと結構早くて十分ストレスなく使えるもので、寝ころびながら動画を見たりすることも出来るだろうな。

 

 

自販機もあり、最初に受け取ったリストバンドで購入が可能。

アクエリアスやお茶が160円なので特別高くもない。

 

 

Fuuaカフェ

 

こちらは有人のバーカウンターでFuuaカフェと書かれている。

 

 

コーヒー牛乳やラムネがおいてあり、自分はコーヒー牛乳を購入。

200円だったかな?少し高いけど、やはり温泉の後に飲むコーヒー牛乳の美味しさは格別だなぁ。

 

 

アルコール類のメニューも豊富。

少し変ったカクテルが用意されているなぁと思った。

 

 

ドリンク類のメニューはこんな感じ、軽食も用意されていた。

 

 

 

 

 

エステサロン

 

同じフロアにはエステサロンも併設。

料金は30分で4,000円から、エステなんか行ったことないけど、まぁ料金はこんなものなのかな?

 

 

ゲームコーナー

 

フロアの奥にはゲームコーナーも用意されている。

なかなか古い雰囲気のゲームもあり、結構遊んでる人もいたな。

無料で遊べるものも用意されていた。

 

 

サウナルーム

 

そしてここは館内着を着たまま使えるサウナと岩盤浴が数部屋用意されていた。

自分はこの時は結局はいらなかったけど、なかなかユニークなものもあり好きな人にはたまらないだろうな。

 

とまあこんな感じで散策をし、もう一度大浴場で立ち湯を楽しんでFuuaを出ることにした。

この時自分は大体3時間ほど滞在したが、好きな人は1日楽しむことが出来そうな充実した空間だったな!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

施設の場所と情報

 

 

施設情報

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

住所  :〒413-8626 静岡県熱海市和田浜南町10−1
最寄駅 :熱海銀座から徒歩20分ほど
TEL :0557-82-0123
営業時間:10:00-22:00(最終入場21時)
定休日 :-
URL  :オーシャンスパFuua

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★