パタヤからバンコク(エカマイバスターミナル)への大型バスでの移動

2019年も無事パタヤのソンクランに参加でき非常に満足のいく生活を送れた。

パタヤを去るのは名残惜しいが、これも仕方ないことだと思いバンコクへと向かった。

今回もバンコクのエカマイ駅に近い場所に宿を取っていたので、パタヤ北バスターミナルへと向かった。

 

↑バスターミナルはノースパタヤロード沿いにある。

いつもはソンテオを乗り継いでいくことが多いが、今回は体調もまだ完全ではなかったのでバイタクでさっと移動することに。

ソイブッカオからだと80バーツが言い値で多かったが、少し探して60バーツで行ってくれる人がいたのでお願いをした。

 

以前ソンテオでバスターミナルまで移動したときの記事はこちら。

 

バイクは裏道を走り大通りに出てあっという間に到着。

少し高いものの、微々たる差だしやっぱりバイクは楽でいいな~。

 

チケットカウンターでエカマイ行きのバスチケット108バーツ(約378円)を購入。

30分くらいで自分が乗るバスが来るようだ。ソンクラン終わりだからもっと混んでいると思ったが、意外と空いていたな。これが昨日の乗車だとどうなっていたか分からないが。

 

パタヤからバンコク行きのバス案内が張られていた。

パタヤ始発は午前4時30分発、最終バスは午後23時。この間30分毎で運行をしており、21時以降は1時間毎で運行をするみたいだ。また事前予約は不可となっている。

 

またエカマイ行きは、終点のエカマイバスターミナルに行くまでに4か所の途中下車ができるようだ。

いつもタイ語で案内しているから良く分からなかったが、下記の4か所がその場所だ。

1、ホームプロ。

2、セントラルBangnaの反対側。

3、BTSウドムスック駅

4、BTSオンヌット駅

3と4のBTS駅では預け荷物がない人に限り下車が可能ということで、手荷物のみの人が対象だ。

自分はエカマイ駅より西を利用する場合が多いから、この下車地は今後もまあ使うことは無さそうだな。

 

2019年4月21日にバンコクへ移動をしたが、翌日他の人のツイッターを見ていると108バーツ(約378円)から119バーツ(約416円)へと値上がりをしたようだ。

バンコク都内のバスが値上がりをしたとニュースになっていたが、郊外へのバスもその影響があったようだな。

それでも他の手段に比べまだ格安で移動できるのは確かだ。

今後もこのバスを利用するに違いないだろう。

 

窓口には、南バスターミナル(サイタイマイ)や北バスターミナル(モーチット)、またホアヒン行きのバスのカウンターもあり、そちら方面も出ているようだ。

今まであんまり気にしたことなかったけど、よく見たらなかなか興味深いな。

パタヤからホアヒン、どういう層の人がこのバスを利用するのだろうか。

 

↑ホアヒンの位置はこの辺。

パタヤから見てタイ湾(タイランド湾)を挟んだ側にある、こちらもビーチリゾートが有名な街だ。

 

購入したチケットは特に変わりない感じだ。

次回からは金額が変わるのか~、少し残念な気分だな。

 

そこそこ混んでいる待合所でしばらく待つと、乗車するべきバスが到着。

何か食べたかったが、おなかが痛くなったら困るのでバンコクで食べようと思いここは我慢をすることに。

 

バスに乗り込み、定刻通りバスは出発。

いつも通り順調にバスは進み、渋滞もなく2時間ほどでエカマイバスターミナルに到着。

エアコンの効きも丁度良く、寝てもあっという間、起きていても本や動画を見てもすぐに到着するしいい距離だ。

 

エカマイからはBTSに乗り、目的地へと向かった。

このルートは安く便利だけど、ネタのためにたまには他の方法でパタヤに向かう方法も探してみるかなぁ。

気になっているルートはスワンナプーム国際空港から直通のバス!

パタヤの南に到着するこのルート、1度使ってみたいものだ。