タニタ体組成計 BC-760を買ってみたレビュー

年も明け、実家に4日ほど滞在したが食べては寝ての生活が続いた。
実家に帰るといつもこうだ、しかし今回は家族にも友達にも「太ったね」「顔が丸い」と言われたのが違う。

 

今までは全然そんなこと言われても気にならなかったが、今回はすごくその言葉が気になった。

女子が体重のことを言われるのは、こういう気持ちだったのだろうか。
もしそうなら、とてもひどいことを言ってしまった事があるのかもしれないな。

とにかく、ビールは飲まないもののウイスキー200~300ml程度は毎日飲んでいるこの生活。
運動もせず下腹が出てきたのは前から感じていたが、とにかくその姿が残念過ぎた。

ということで、まずは自分がどれくらい体重があり、どの程度が平均なのか、まずそれを知ることから始めた。

 

アマゾンで体重計を探し、目に留まったのがこの体重計。
とにかく小さくて持ち運びがしやすく邪魔にならない、といううたい文句に目を引かれ購入。

自分の年齢や身長を記憶させておく機能があるらしく、乗るだけでBMI値や体脂肪率もわかるらしい。
最近の体重計はハイテクだなぁ。

 

こちらが箱の裏面。
おすすめポイント5の、電源をONせずに乗るだけで測れるのも楽でいいね。

 

中身はこんな感じ。
本体と、仮(テスト用と書かれた)の電池、取扱説明書とアンケートが入っていた。
第一印象は、確かに相当コンパクト!そして本体自体が軽い。
スペック上は本体の重さは約1kgらしい。

とりあえず電池を本体に入れて、起動する。
取説にあるように、ボタンを押して日付、年齢などをインプットしていった。

そうして個人の登録が完了。
ここから以降乗るだけで、登録番号何番の誰が乗っているか判断をし、前回測定時からの増減なども見ることができるようだ。
ま、一人暮らしなのであまり意味ないが、家族で使う場合は非常に役に立つ機能だと思う。

ちなみにこの体重計で見ることができる数値は、
1.体重、2.BMI、3.体脂肪率、4.筋肉量、5.内臓脂肪レベル、6.基礎代謝量、7.体内年齢となっている。

ここまで詳しく見る機会はあまりないと思うが、あるに越したことはないのかな。
今後きちんと体重管理をする際に役に立ちそうだし。
まずは体重をはかり、どうやって落としていくか今後考えていこう。

とにかく体重計としての性能、コンパクトさ含めかなりいい物だと思った。
お勧め度:★★★★★(星5つ)

下記から商品のレビューも見ることができる。
今回購入した体重計はこちら→タニタ BC-760BK 体組成計・体重計 ブラック