Apple iPhone12 Pro とiPhone13 Proの写真比較 夜間編

スポンサーリンク

2021年9月、今年の新モデルであるiPhone13Proを手に入れたので、去年モデルのiPhone12Proとをもって同じ場所での写真比較をしてみた。

昼間と夜での比較撮影を行ってみたが、今回は夜間編。

 

昼間編はこちらの記事で紹介。

 

昼間の写真に関してはほぼ違いは判らず、望遠カメラが2倍から3倍へと変更になり、これを使った写真に違いがでたかなぁというレベル。

個人的にはどちらも十分綺麗に撮影できると感じている。

 

今回比べてみる夜間での撮影は、センサーサイズの違いが多少出るだろうと思っており、どれくらい違うのかが楽しみなところだ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

iPhone13Pro写真比較 大阪梅田 北新地入口

 

最初は大阪梅田にある北新地のネオンを撮影。撮影の条件としては下記の通り。

使用アプリ:iPhone標準のカメラアプリ(露出補正以外フルオート)

露出補正:+0.3

 

▲iPhone12Pro 超広角カメラ(0.5倍)での撮影

 

 

▲iPhone13Pro 超広角カメラ(0.5倍)での撮影

 

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ(1倍)での撮影

 

 

▲iPhone13Pro 広角カメラ(1倍)での撮影

 

夜間での比較最初は、大阪の北新地入り口で撮影をしてみた。

予想に反して広角カメラを使用した写真でも、iPhone12Proの方が明るく映っているように見える。

ただiPhone13Proの方がシャープに撮影できているように見えるけど、1つ前の機種でも十分にきれいに撮影できているなぁという感じだ。

 

 

 

iPhone13Pro写真比較 大阪駅前 スカイウォークと阪急百貨店

 

次は大阪駅前のスカイウォークから阪急百貨店を撮影。撮影の条件としては下記の通り。

使用アプリ:iPhone標準のカメラアプリ(露出補正以外フルオート)

露出補正:+0.3

 

▲iPhone12Pro 超広角カメラ(0.5倍)での撮影

 

 

▲iPhone13Pro 超広角カメラ(0.5倍)での撮影

 

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ(1倍)での撮影

 

 

▲iPhone13Pro 広角カメラ(1倍)での撮影

 

 

▲iPhone12Pro 望遠カメラ(2倍)での撮影

 

 

▲iPhone13Pro 広角カメラ(2倍)での撮影

 

こちらも同じく、iPhone12proの方が比較的明るく撮影ができているように感じる。

こころなしかiPhone13Proの写真は絵っぽく見えるかな。

 

 

スポンサーリンク

 

 

iPhone13Pro写真比較 大阪ハービスエント

 

次は大阪駅の西側にあるハービスエントを撮影してみた。撮影の条件としては下記の通り。

使用アプリ:iPhone標準のカメラアプリ(露出補正以外フルオート)

露出補正:+0.3

 

▲iPhone12Pro 超広角カメラ(0.5倍)での撮影

 

 

▲iPhone13Pro 超広角カメラ(0.5倍)での撮影

 

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ(1倍)での撮影

 

 

▲iPhone13Pro 広角カメラ(1倍)での撮影

 

 

▲iPhone12Pro 望遠カメラ(2倍)での撮影

 

 

▲iPhone13Pro 広角カメラ(2倍)での撮影

 

 

▲iPhone12Pro 望遠カメラ(3倍)での撮影

 

 

▲iPhone13Pro 望遠カメラ(3倍)での撮影

 

ここで初めて2倍と3倍の撮影をしてみた。

iPhone12Proの方が明るく撮影できている反面、シャープさは13Proの方が上回っているように見える。

個人的には12Proの方が明るくて好きだけど、露出の設定次第で13Proも綺麗に映りそうだ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

 

今回は、前回の写真比較の失敗を踏まえ条件をすべてそろえて撮影をしてみた。

ただ、夜間での撮影も正直どちらも綺麗に撮影ができており、多少の違いがあるもののこちらもコメントしずらい結果に。

全く同じ条件で撮影しているけど、この明るさの違いは何が原因だろうか。

 

何か細かい設定の違いがあるのかもしれないけど、次は三脚を使って同じ角度での撮影をして比較をしてみようかと思う。