スマホの回線をドコモの新プランahamo(アハモ)に変えてみた「part3」 開封と設定について 

スポンサーリンク

Biglobeモバイルからアハモに回線変更をした内容のパート3、今回はSIMカードの到着から開封、設定方法について書いてみた。

 

Biglobeモバイルから変更した理由については、こちらの記事にて紹介。

 

ahamoの申請の流れについては、こちらの記事にてまとめている。

 

ahamoの公式サイトはこちらより。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)

 

 

ahamoのシムカードが到着、箱を開封

 

前回の内容で、2021年5月22日14時ごろにBiglobeモバイルからahamoへの乗り換え申請を完了し、2日後の5月24日にSIMカードの発送が完了と言うメールが来て、その翌日の5月25日にSIMカードが無事到着した。

ネットで行うahamoの申請自体は結構めんどくさく感じてしまったが、その後のSIMカードの到着までは非常にスピーディーで、この点はとても好印象だと感じた。

 

 

今回自分は、スマホ本体の購入はせずにSIMカードのみの契約を行った。

到着した箱はこのような60サイズの大きさのもので、スマホ本体を購入した人も、自分の様にSIMカードのみ契約した人も同じ箱を共有しているのだろう。

ちょっと無駄な気もするけど、これが経費削減の一つなのだろうな。

 

 

箱上面のシールを剥がすとこんな感じで文字が浮かび上がってくる。

不正が出来ないような面白いテープが使われているようだ。このようなタイプは昔1度見た気もするが、結構珍しいと感じた。

 

 

箱を開けるとこんな感じ。

もちろんSIMカードのみなので、本体は入っておらず。9割くらい空気を運んできているな。

そして下にあった中身を取り出してみる。

 

 

まずはメインのSIMカードが一枚。

 

 

そして設定方法が書かれた紙が1枚。

 

 

あとは広告の紙とステッカーが2枚同梱されていた。

非常にシンプルな中身でまあこれで十分と言った感じかな。

 

 

これが入っていたもの一覧となっている。

 

ということで、この届いたSIMカードをiPhone12Proに入れてみることに。

 

 

スポンサーリンク

 

 

iPhone12ProにahamoのSIMカードを挿入し設定する

 

届いたahamoのSIMカードサイズはnanoSIMサイズなので、これが対応するスマホが必要になる。

ただ今はほとんどこのサイズのモノ対応になっていると思うが、少し前の機種の方はきちんとアハモのサイトから対応機種かどうかを確認した方が良いだろう。

 

 

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)

 

 

iPhone12Proは対応機種なので、前に使っていたBiglobeモバイルのシムを取り出し、ahamoのSIMカードを挿入し再起動をしてみた。

う~ん、案の定電波が入って来ていないな。

何か設定が必要なのかググってみると、ビッグローブモバイルのSIMを使う際にインストールしていた「プロファイル」というものを消す必要があるようだ。

 

▲BiglobeSIMからahamoSIMに入れ替えただけでは電波は拾わず

なのでネットで出てきた手順に従い、プロファイルを削除してみた。

 

 

 

①まずは「設定」画面から「一般」へと進む。

 

 

②「一般」の中にある「プロファイル」を選択。

 この画面では「BIGLOBEモバイル ver.3」と表示されている。

 

 

 

③「BIGLOBEモバイル ver.3」を押して先に進む。

 

 

④プロファイルのこの画面に来たら、「プロファイルを削除」を押すと完了する。

 

その後、iPhoneを再起動をしたら無事に問題なくドコモ回線につながってくれた。

 

 

▲Biglobeのプロファイルを削除し再起動すると4Gの電波が入った

 

先程は反応が無かった電波のマークが4本立っている!

よかったよかった。

 

 

再起動後、「設定」の「モバイル通信」を見てみると、「モバイル通信プラン」がきちんとahamoになっていた。

データ通信の容量も「0バイト / 20GB」とあるので、この画面で使用したデータ容量を見る事が出来そうだな。

 

iPhoneの場合は何もせずにSIMを入れるだけで自動で設定がされるようだが、アンドロイドの場合はそれぞれの機種で手動で設定が必要みたいなので、そのへんは取説やらネットやらで確認が必要だろう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ahamoのデータ通信速度のテストをしてみた

 

とりあえず開通後すぐ、ahamoのデータ回線の速度がどんなものかテストをしてみることに。

この日は平日の夜8時20分頃で、少し回線が込み合っている時間だったと思う。

 

 

 

いつも使っているfast.comでの計測は16Mbpsという結果に。

 

 

 

計測は必ず2つ以上のサイトを使ってテストしており、もう一つ計測したいるspeedtest.netでの速度は16.7Mbpsという結果に。

 

今回は2サイトとも、ほぼ同じような値での結果となった。

思ったよりは少し遅いかなぁという印象だけど、動画を見るのも特に問題は無いのでこんなものなのかな。

 

今後外にも出てみて、繁華街や昼の時間・夜の時間数か所でのスピードテストをして追記して行こうかと思う。

大手キャリアを使っている方でも十分満足できる回線だと思うし、なにより月額約3000円はかなり魅力的な価格なのは間違いないだろう。

とりあえず開通して数日しかまだ経っていないが、今のところは全く不満は無くとにかく安心感が抜群なとてもおすすめできる回線だと感じている。

良い点・悪い点も何か出てきたら別でまとめていこうかな!

 

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)