iPhone12 Pro にMoment(モーメント)の18mm外付けワイドレンズを取り付けてのサンプルを撮ってみた

スポンサーリンク

先日公式サイトにて購入し、アメリカから発送をしてもらったMomentの外付けワイドレンズセット。

とりあえず今回は、簡単に写した写真の違いを見てみるため何枚かサンプルを撮ってみたので、それについてまとめてみる。

 

前回の、Momentレンズ開封についてはこちらの記事より。

 

 

外付けレンズの有無の違いを見るため大阪にて撮影

 

レンズが届いて数日後、とりあえずどんな感じに映るのかテスト撮影をするため大阪に行ってきた。

 

そもそもの話として、自分の今使っているiPhone12Proのカメラの焦点距離とF値については下記の通り。

・超広角カメラ:フルサイズ換算 約13mm F2.4

・広角カメラ:フルサイズ換算 約26mm F1.6

・望遠カメラ:フルサイズ換算 約52mm F2.0

 

この広角カメラを使うためにモーメントの外付けワイドレンズを取り付けて、フルサイズ換算 約18mm F1.6にして動画を撮影しようと思っている。

本来の目的は暗所での動画撮影なのだが、この時はまずは写真も見てみようと思い写真撮影を何か所かで行ってみた。

 

 

 

撮影の条件としては、撮影位置は3枚とも全く同じ場所で、

①「iPhone12Pro 広角カメラ + Moment 18mm ワイドレンズ」を使用した状態での撮影

②「iPhone12Pro 超広角カメラ」での撮影

③「iPhone12Pro 広角カメラ」で外付けレンズ無しでの撮影

の3枚を撮影してみた。

アプリはiPhone12Proにある、標準のカメラアプリを使用してウォーターマークを入れる以外の加工は全くしていない。

 

 

スポンサーリンク

 

 

昼間の大阪駅周辺での写真比較

 

阪急うめだ本店

 

まず最初は大阪駅周辺で自分のお気に入りのポイント、スカイウォークへ。

ここから阪急百貨店の外観を1つ目のサンプルとして撮影をしてみた。

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ + Moment 18mm ワイドレンズ

 

 

▲iPhone12Pro 超広角カメラ

 

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ

 

 

阪神梅田本店

 

次に同じスカイウォーク内で少し移動をして、対面にそびえ立つ外観改修中の阪神百貨店を2つ目のサンプルとして撮影してみた。

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ + Moment 18mm ワイドレンズ

 

▲iPhone12Pro 超広角カメラ

 

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ

 

 

スポンサーリンク

 

 

大阪ステーションシティ ノースゲートビルディング アトリウム広場

 

次にスカイウォークから移動をして、こちらもお気に入りのポイント、大阪ステーションシティのノースゲートビルディングの2階に当たる「アトリウム広場」を正面からみおろす形で、3つ目のサンプルとして撮影してみた。

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ + Moment 18mm ワイドレンズ

 

 

▲iPhone12Pro 超広角カメラ

 

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ

 

 

大阪ステーションシティ ノースゲートビルディング 風の広場より

 

次は同じ大阪ステーションシティ、ノースゲートビルディングの11階に当たる「風の広場」より、梅田スカイビル方向に向かって、4つ目のサンプルとして撮影をしてみた。

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ + Moment 18mm ワイドレンズ

 

 

▲iPhone12Pro 超広角カメラ

 

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ

 

 

梅田スカイビル

 

最後に、先ほど見ていた梅田スカイビルの真下にやってきて、5つ目のサンプルとして撮影をしてみた。

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ + Moment 18mm ワイドレンズ

 

 

▲iPhone12Pro 超広角カメラ

 

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ

 

とりあえず昼間は以上の大阪駅周辺で5か所、購入した外付けレンズを広角カメラに付けた時、付けないとき、そして超広角カメラでの撮影をしてみた。

こう見比べてみても、とても綺麗に撮影出来ているなぁという、あっさりとした感想しかないかな。

昼間の明るい時間では、iPhone12Proの超広角もとても綺麗に撮影出来ていると思う。

逆にこの超広角カメラがない、iPhoneSEや8,7といったシングルカメラしかない機種を持っている人には、この18mm広角レンズは撮影の幅が大きく広がるので、とてもおススメできるアイテムだと感じる。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

夜間の難波周辺での写真比較

 

日が沈んでから次は梅田から難波へと移動して、同じような写真比較のため撮影をしてみた。

 

ホテルロイヤルクラシック大阪

 

大阪新歌舞伎座の跡地にできたホテルロイヤルクラシック大阪。

難波のど真ん中にあるこの特徴的な建物を下から撮影してみた。

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ + Moment 18mm ワイドレンズ

 

 

▲iPhone12Pro 超広角カメラ

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ

 

 

 

南海難波駅となんばマルイ

 

ホテルロイヤルクラシック大阪から数十メートル移動して、今度は南海難波駅の方を向かって撮影。

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ + Moment 18mm ワイドレンズ

 

 

▲iPhone12Pro 超広角カメラ

 

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ

 

 

 

道頓堀のネオンサイン

 

最後はやはりここ、道頓堀川沿いのネオンサインを撮影してみた。

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ + Moment 18mm ワイドレンズ

 

 

▲iPhone12Pro 超広角カメラ

 

 

▲iPhone12Pro 広角カメラ

 

 

とりあえず夜間は以上の3か所から、昼間と同様に購入した外付けレンズを広角カメラに付けた時、付けないとき、そして超広角カメラでの撮影をしてみた。

昼間に比べやはりiPhoneの問題点であるゴーストが目立つのが残念だ。

夜間の明るいライトが入るシーンは、広角カメラを使用した写真はほぼ何かしらのゴーストが出ているのが分かる。

ただ超広角カメラよりは明るく撮影出来ているのも事実なので、このゴーストが入る点をどこまで我慢するかの問題だろう。

 

今回のまとめとしては、自分はこのブログとかSNS、あとはごくたま~にはがきサイズで印刷したり、それくらいにしか撮影した写真を使わないので、外付けレンズを付けるといい感じで広角に撮影出来ている!という印象を受けた。

とりあえずは思ってた通りに綺麗に撮影出来ていて安心した。。という感じかな。

細かい違いはあんまり分からないけど、正直iPhone12Proに付いている超広角カメラも「明るい時」はかなり綺麗に撮影出来ていると自分は思うので、昼間にこのモーメントの外付けレンズを使う場面はほとんどないかもしれないな。

今回は記事を書くためにサンプルとして撮影に使ったけど、普段はなかなか使う機会が無いだろうな。

 

また次回は外付けレンズ装着時の動画を撮影して、どんな感じになるのかの記事を書こうと思う!

 

 

 

※2021年4月3日追記

今回使用したモーメントのレンズを装着した動画撮影を何本かしたので、比較の記事を作成。

暗所でのシーンがかなり綺麗に撮影出来ており、本来の目的としては大成功な買い物になったと思う!