iPhone12 Pro Max のアクセサリーを購入してみた

先日、新製品のiPhone12 Pro Maxを予約開始日当日に、無事予約することが出来た。

 

そちらについての記事は下記より。

 

約14万円と非常に高額な買い物となりそうだが、スマホ本体に加えそれ用のアクセサリーも色々と見ていた。

iPhone自体大分とキズや衝撃には強くなったと書かれているが、今回特にApplecareなどのサービスは入っておらず、やはり本体を守るためのタフなケースが欲しいところ。

そして探していて見つけたのがCasetify(ケースティファイ)というアメリカのブランドのケースメーカー。

 

 

元々は可愛いデザインのケースを見つけ、探していると非常に衝撃に強いモデルがあることが分かった。

価格は7,300円(税込み、送料無料)とこれまたかなり高額な部類のケースだと思うが、本体を守れるなら仕方ないかなと。

 

Casetify(ケースティファイ)のiPhone12ProMaxケース

 

こちらが今回購入した、「Pangram Pangram® X CASETiFY」というコラボモデルのデザインケース。

世界各国の都市の空港名が入った、荷物タグをモチーフにしたデザインのものだ。

しばらく海外旅行に行けていない寂しさがあり、なんとなく癒してくれそう、そんなデザイン性もあり一目で気に入ったアイテムだ。

 

スマホケースのほかにも、アップルウォッチのバンドや、AirPodsのケースも同様のデザインで販売されている。

 

 

各国の空港のイニシャルを使ったデザインケース

 

行先の地名により色の配色が異なっているのがまた面白くて、本当は大好きなタイのスワンナプーム国際空港(BKK)のものが欲しかったが、残念ながら商品のリストに無かった。

また日本は、成田国際空港(NRT)があったが色が地味だったので、行ったことがないけど配色が3色あり綺麗だったパリのシャルルドゴール空港(CDG)を選択してみた。

 

日本の東京、成田国際空港デザインの荷物タグケース。

 

フランスのパリ、シャルルドゴール空港デザインの荷物タグケース。

 

そしてこのデザインのケースは、「インパクトケース(6,300円)」と「ウルトラインパクトケース(7,300円)」の2種類があり、ウルトラインパクトケースの方が衝撃に強い造りになっている。

説明としては、「ネクストレベルのプロテクション。iPhone 11, 11 Pro, 11 Pro Maxの発売に合わせて、人気のインパクトケースを刷新し、新しくウルトラ インパクトケースが仲間入り。バンパーの角に「qìtech™」素材のクッションとなるバンパーをさらに追加して、レベルアップ!ウルトラ インパクトケースなら、3mの高さからの落下にも耐えられます。」と書かれている。(参照:casetifyのHPより)

 

と言う事で、ウルトラインパクトケースの方を選択。

 

 

好きな文字もケースに記入可能

 

そしてさらに面白いと思ったのが、このケースに自分の好きな文字を入れることが可能な点だ。

 

文字を入れれる場所は決まっているのと、アルファベットのみの対応で平仮名や漢字は使うことが出来ない。

 

ケースによって入れる場所やデザインが変わってくるが、今回購入したデザインのケースでは2段にそれぞれ最大12文字づつ記入することが出来る。

このケースで言えば、Mr.Miss.など敬称が頭にあるので、自分の名前を記入するようなデザインで考えられているのが見て取れるな。

文字を入れた後のイメージも画面上にすぐに反映されるので、とても面白い仕組みだなと感じた。

 

と言う事で任意の文字を入れて、こちらの商品を購入してみた。

現在は製作中と表記があり、海外からの発送のようで到着まで1週間から10日ほどかかると言う事で、iPhone12ProMaxの購入日までに届けば嬉しいものだな。

 

もし興味がありCasetify(ケースティファイ)のケースを買おうと思われる人が居れば、

https://www.casetify.com/invite/jracyb

この上記のアドレスから購入すれば、4,400円以上の買い物で10ドル分(約1,000円)の割引クーポンが適用されるので、ご自由に使っていただきたい。

 

ちなみにネットで調べていると、Casetify公式アカウントをLineの友達登録をすると、20%OFFのクーポンがもらえると書かれており登録をしてみたが、なぜか購入画面でクーポンコードを打ち込んでもクーポンは受け付けてもらえず。

公式サイトに問い合わせてみたところ、下記の回答をもらう事に。

 

 

残念ながらこの中に書かれてある通り、iPhone12シリーズは不適応とのこと。

まぁ仕方ないか。

 

 

AmazonでのCasetify商品の取り扱いは少ないので、欲しいアイテムがなければ公式がおすすめ!

 

 

 

また到着後の使用感や装着感などは、追記でこのブログに載せていこうと思っている。

 

※追記 11月18日

Casetifyのケースを、購入した新しいiPhoneに装着してみた。

 

そちらの記事についてはこちらより。

 

 

 

Spigen(シュピゲン)のiPhone12ProMax液晶保護ガラス

 

そしてもう一つ合わせて購入したのが、Spigen(シュピゲン)の液晶保護ガラス。

iPhoneに関するアクセサリーを見ていて、おすすめのケースと液晶保護ガラスでやたらこの名前が目についたので、製品のクオリティが高く満足しているユーザーが多いのだろうな、と言うシンプルな理由で購入してみた。

こちらは2枚組で1,500円ほどの価格で、保護フィルムにしてはいたって普通という感じの値段だな。

また保護ガラスを張るときに、上手く張るためのプラスチックの治具が付いているようで、とても貼りやすそうな印象を受けた。

 

このメーカーは今回探すまで聞いたことも使ったこともないが、こちらも届いて使用した感想を追記したいと思う。

 

 

 

※追記 11月17日

Spigen(シュピゲン)のガラスフィルムを、購入した新しいiPhoneに貼り付けてみた。

結果として非常に満足度の高い、とてもおススメできる製品だと言える!

 

そちらの記事についてはこちらより。

 

 

今回の記事については以上。

これらのアイテムを取り付けて、早く新しいスマホを使ってみたいものだな!