Appleの新製品 iPhone12 Pro Maxを開封してみた

スポンサーリンク

2020年11月13日、待ちに待ったiPhone12ProMaxを手に入れることが出来た。

 

受取日の様子についてはこちらの記事より。

 

手に入れた当日は、早速開封をして動画を撮影してみようと思っていた。

本体のケースとガラスフィルムも合わせて購入していたが、この日に用意できたのはSpigen(シュピゲン)のガラスフィルムのみ。

とりあえず開封と同時にガラスフィルムだけは貼り付けたいと考えていたので、心斎橋にあるネットカフェで開封して貼り付けることにした。

 

iPhone12 Pro Maxの開封

 

ネットカフェで撮影した写真は室内灯のせいでオレンジっぽい暖色の色身になっているので、後で家で撮影したものと写真が混ざってしまっている。

 

今回購入したiPhone12 Pro Maxの色はグラファイトでサイズは256GBだ。

箱の外観はこんな感じで非常にシックでシンプル!光の輪が写り込んでいるようなデザインが表面に描かれている。

 

今回のiPhoneは充電器とイヤホンが入っておらず、横から見ると非常にスリムなサイズの箱なのが分かる。

 

裏面の説明書きはこんな感じ。

そしていよいよ箱の開封!

 

この上2枚の写真では、暖色のオレンジが強く出ていてグラファイトの色が非常にわかりにくいが、実物は落ち着いていてとても好みの色だ。

iPhone12シリーズ本体の側面は丸みを帯びたラウンドタイプではなく、今回はiPhone4、5シリーズのような角ばったデザインで、なおかつメッキ塗装がされていてかなりピカピカと輝いているのが特徴的。

この側面は触ったり握るととても指紋が目立つのだが、自分は保護ケースを付ける予定なので普段使いの点においては全然気にならず。

 

開封後の本体のディスプレイ表面には白い保護シールが張られており、左右にどのようなボタンが付いているのかのアイコンが小さく印刷されている。

ちなみに本体下部は、充電を表す「雷マーク」が印刷されていた。

 

少し見えにくいが、本体左側が上から、「消音マーク」、「+マーク(音量)」、「-マーク(音量)」。

本体右側は、「電源マーク」のみが印刷されていた。

 

 

そしてこの白い保護シールを剥がしてすぐにSpigen(シュピゲン)のガラスフィルムを取り付けるため、貼り付けに必要なものを用意。

 

 

スポンサーリンク

 

 

iPhone12 Pro Maxの付属品

 

箱をあけて本体を取り出して撮影。

 

箱の下部には、USB-TypeC ⇔ ライトニングのケーブル1本、説明書、シムトレーピン、シール1枚が入っていた。

個人的にはiPhone4、iPhone7、iPadAir2ndを購入したことがあるが、純正の充電器もイヤホンも使ったことなかったから、これで価格を多少なりとも抑えられるのなら全然いい試みだと思う。

 

手持ちのスマートフォンサイズ比較

 

左から、今現在使用中のiPhone7とシャオミMi9(海外旅行用)、そして今回購入したiPhone12 Pro Maxのサイズ感はこんな感じ。

iPhone7とMi9に貼り付けているガラスフィルムが欠けてしまって、なんともみすぼらしい感じになっているが本体の液晶自体は無傷だ。

 

iPhone7のディスプレイサイズが、4.7インチ、重量が138g。

Mi9のディスプレイサイズが、6.39インチ、重量が173g。

iPhone12 Pro Maxのディスプレイサイズが、6.7インチ、重量が226g。 となっている。

 

iPhone12 Pro Maxのサイズが大きい大きいと言われていたが、Mi9より少し大きいくらいなので個人的には全然気にならない。

ただ重量がMi9より50g重くなり、ずしりと感じるのは事実。でも質感がとてもいいので所有感は半端ないくらい高い。

Mi9も片手ではほぼ操作できていなかったので、iPhone12 Pro Maxも操作に関しても全然違和感はないな。

 

 

 

各スマートフォンの背面はこんな感じ。

正直ケース無しの状態ではMi9のラウンド型の方が持ちやすさは上かな。しかしどっちにしろケースを付けるので普段使いには全く問題にならない話だけど。

 

今回購入したiPhone12 Pro Maxは動画と写真撮影が一番の目的なので、結果としてカメラ性能とバッテリーサイズの一番大きなiPhoneを選んだけど、個人的にはiPhone7のデザインとサイズが一番好きかな。

しばらくはiPhone7は普段使いにして、動画撮影時にiPhone12 Pro Maxを使う、そんな運用になりそうな気がする。

 

iPhone12 Pro MaxとSpigenのガラスフィルムを付けた重さ

 

上記のSpigen(シュピゲン)のガラスフィルムを張った状態での重さは、236gとなっている。

 

ガラスフィルムついてのレビュー記事はこちらより。

 

 

スポンサーリンク

 

iPhone12 Pro Maxの外観写真

 

背面全体の写真。

この写真の色が、比較的グラファイトの色味が良く分かるものだと感じる。

背面はアップルマークのみで文字は1文字も書かれていない。

究極に無駄をそぎ落としているのが良く分かり、デザインについては本当に素晴らしいと思う!

 

カメラ部の写真。

ここについては本当に残念、というか何とかして欲しいと言いたくなる位、かなり出っ張っている。

iPhone7以降のカメラの出っ張りが大きくなりだしてからずっと、本体の厚みをもう少し厚くしてもいいから平らなデザインにして、バッテリーサイズを大きくしてはどうだろうか、といつも考えてしまう。

しかし世界トップクラスの超一流のデザイナーさん達が設計、デザインした最高であろうデザインの結果がこの形なのだから、こうなったのには何か理由があるのだろうな~。

 

本体右側、消音スイッチ、音量の+、-ボタン。

一番下にSIMカード出し入れするスロットが付いている。

 

下部はスピーカーとライトニング端子となっている。

 

とりあえずiPhone12 Pro Maxの開封と外観の写真については以上!

今後は、カメラで撮った写真や動画撮影の映像の比較なんかを記事にしていきたいと考えている。

 

見た目や所有感は本当に高い大満足なアイテム、中身の性能がとても気になるところだな!

 

 

別途購入したアクセサリー、CasetifyのiPhone12ProMax用のカバーについてはこちらの記事で紹介。