【アイテムレビュー】NIMASO(ニマソ)のiPhone13 Pro ガラスフィルムを貼ってみた

スポンサーリンク

2021年9月に発表・発売された、iPhone13シリーズ。

今年は、去年のモデルと同じサイズのiPhone13Proを購入してみた。

 

iPhone13Proの開封についてはこちらより。

 

そしてiPhone13の発売より先にAmazonで販売していた、ガラスフィルムを購入することに。

ちなみに今年のiPhone13シリーズの発売日は全機種9月24日(金)となっており、自分は翌日25日の土曜日に手に入れることができた。

 

9月23日の時点ですでにAmazonでは、iPhone13Pro用のガラスフィルムが10種類ほど発売されており、今年はどれにするかなぁと少し悩んだ。

ただそれらのアイテムは高評価のレビューがすでにいくつかついており、貼り付けるスマホが無いのにどういうことよ?と考えながら、ちょっとそういうアイテム買うのは嫌だなぁと思っていた。

 

iPhone12Proでも使ったNimaso製のガラスフィルムも売られており、本当なら別ブランドのガラスフィルムをレビューをしたほうが面白いのだけど、やらせレビュー?が心配で、結局無難だけどモノは非常に良かったNimasoのガラスフィルムを購入。

 

スポンサーリンク

 

 

Nimaso(ニマソ)のiPhone13 Pro 用ガラスフィルムを購入

 

 

iPhone12Proのガラスフィルムを購入したときは、Nimasoの中でもガラスフィルムの種類がかなり多くあったが、発売前の今回は1種類のみだった。

選ぶ手間がとても省けて、種類が多すぎるのも購入にためらいが出るもんだな~と感じる。

 

今回購入したガラスフィルムはこちら!

 

約1,000円で2枚入っており、貼り付けのサポートとなる”ガイド枠”が付属しているので、とても綺麗に貼ることができるアイテムだ。

前回は楽天市場で購入したが、今回はAmazonで9月23日に購入、翌日の24日に到着して受け取ることができた。

相変わらず凶暴な速さだ。

 

ちなみに去年モデルのiPhone12Pro用に購入した、Nimasoのガラスフィルムのレビュー記事についてはこちらで紹介。

 

 

届いたNimaso(ニマソ)のiPhone13 Pro 用のガラスフィルム

 

▲Amazonから届いた袋はこんな感じ

 

とくにエアキャップなどはない紙製の梱包材だったが、ガラスフィルム自体はしっかりした箱に入っているので割れたりすることはないだろう。

 

 

▲封筒から取り出したガラスフィルムが入っている箱

 

薄いプラスチックのフィルムにはNimasoガラスフィルムと書かれており、iPhone13の文字は見つからず。

 

 

▲箱の裏はこんな感じ

 

 

ちなみにiPhone12用(左)と箱を並べてみたけど、少しデザインが変わっているな。

ただ、どちらもiPhone12とか13という文字が書いておらず、何かメモしておかないと混ざったときにわからなくなりそうだ。

 

 

ガラスフィルム自体は少しデザインが違うので、これで判断はできるだろう。

iPhone12用(左)、iPhone13用(右)で今回のものはかなりノッチの切り欠きが小さくなっているのがわかる。

 

 

iPhone13Pro用の箱を開封。

ま~言っても、以前とほとんど変わらないので、中身は簡単に紹介。

 

 

ガラスフィルムが2枚と、ガイド枠が1つ、そして取扱説明書とツールキットが1セット入っている。

 

 

ツールセットの中身は、ほこりを取り除くウエットタイプのティッシュ、ドライタイプの小さい生地、それとシールが各2つずつ入っていた。

自分は購入して、保護フィルムを剥がすと同時に張り付けたので、今回もこれらのアイテムは使用せず。

 

 

ガラスフィルム自体の重さも一応計量してみたところ10gだった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

iPhone13 Pro へのガラスフィルムの取り付け

 

さていよいよ、iPhone13Proに張り付けていくとしよう。

購入したてのiPhone13Proには、そのまま保護フィルムがついている状態。

一応こちらにガイド枠をはめて、ガラスフィルムを張り付ける手順を確認。

 

 

 

今回のモデルもかなりしっかりとガイド枠がはまっており、ぴたりとガラスフィルムが入るようになっている。

このガイド枠の発明はマジですごいと思うなぁ、本当に安心して貼り付けができる!

 

 

 

ということで保護フィルムを剥がして一気にガラスフィルムを張り付けた。

 

 

まあ、今回も余裕でしょ。

と思って貼り付けた瞬間、スマホの上のほうに気泡のようなものが入り込んで、見事にやってしまった。

しかも3か所くらい入り込んで、保護フィルムをとって写真を撮ったのがまずかったかな、と少し後悔。

ま~このための予備もあるし、なんとかなるか。

気泡がうまくでないかなぁと、指で少し押さえるも多少消えるがダメっぽい。

 

 

油断しすぎたなぁとスマホを置いて、少し別の作業をすることに。

それから10分も経っていないと思うけど、なんと気泡が!!

 

 

気泡が完全になくなってる!

一体どういう原理なの?ゴミじゃなかったのか?

逆にどんなシステムなのかすごく気になったけど、とにかく予備を使わず1枚目で無事に貼り付け完了。

 

貼り付けた感じも非常に角が滑らかで、ケースをつけても干渉せずコスパはかなり高いガラスフィルムだなと改めて感じた。

 

 

 

Amazonの販売ページにも2.5Dラウンドエッジという表記がある。

 

 

とにかくガラスフィルムの種類が多くてどれにするか迷っている方は、これを使えばとりあえずいいんじゃないかな、とお勧めできるアイテムだ!

去年モデルのiPhone12Proを使いだして約9か月だが、こちらに張り付けたガラスフィルムの欠けも未だに一切なく調子よく使用できている。

 

またケースについても同じNimasoのものを購入したので、そちらのレビューも次に書こうと思っている。

それではまた!