宝亭の特製カツカレーを食べてみた 日本-静岡 熱海

スポンサーリンク

静岡にある河津桜を見に行った後、帰りの途中で宿泊をした熱海での食事で有名なカツカレーを食べてみた。

宿泊した宿の近くで人気のあるレストランを探していていて見つけたこの宝亭。

とくにここのカツカレーが有名で人気と言う事で、他のお店とも少し迷ったものの、2件目に行こうとしていたお店もあり軽めに食べようと思い行ってみることにした。

 

お店は熱海銀座と呼ばれる中心地にある商店街から徒歩1分ほど、熱海のメイン通り沿いに位置していてとても分かりやすい場所にあった。

外観は中々クラシックな感じで歴史を感じれる渋い見た目となっている。

 

 

河津桜を見に行った時の記事は下記にて紹介!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

宝亭のメニュー

 

お店に入るとテーブル席が7~8席ほどあり、そこそこ広さのあるレストランだ。

入る前は外観のイメージから喫茶店のような感じかな?と思っていたけど、席がくっつき合うような配置ではなく割と広めにスペースを開けていていい雰囲気だ。

テーブルに置かれていたメニューはこんな感じで、カレーとハヤシライスがメインとなっている。

今回はここにある「カツカレー」を注文してみた。

 

 

ドリンクメニューはこんな感じ。

 

 

数量限定と書いてあったカツサンド、めちゃくちゃ美味しそうだ。

 

 

かつ丼もメニューにあり、とんかつを使ったメニューが押されており人気なのだろう。

 

訪れた時間は平日の18時半頃だったが、お店はほぼ満席でファミリーで来ていたお客さんが半分くらいいたかな。

あとは女の子同士の組と、一人客が自分ともう一人という感じ。

特に一人で入りにくいと言う事も無く、落ち着いた雰囲気でカレーを待つことにした。

 

スポンサーリンク

 

 

到着した宝亭のカツカレー

 

そして水を飲みながら待つこと約7分、注文したカツカレーが到着した。

カツカレーと千切りキャベツ・ブロッコリー・ポテトサラダ、そしてカレー風味のもやしがプレートに乗っており、1,050円だった。

 

見た目はとてもシンプルだけど思ったよりもボリュームがありそう、ザ洋食屋さんのカレーという感じだ。

 

 

まず美味しいなと思ったのがこのカツだ。

揚げたてで肉厚もありジューシーなカツを使っているようで、なかなか柔らかくていい味だった。

そしてルーもマイルドで辛さはほとんど感じず、優しい感じのルーがかけられている。

 

 

これならお年寄りや子供まで幅広く受け入れられるだろうなぁという味で、人気なのが分かる気がする。

ただ自分はカレーは少し辛めが好きなので、このカレールーは少し物足りない感じがしたのは確かだ。

 

 

味もボリュームも満足できるものだったけど、このプレートで1,050円は少し高いかなぁという印象を受けた。

でもたまにはこういうシンプルなカレーも食べてみるものだなと、とても美味しく完食することに。

大阪にも洋食屋さんのカレーは多くあるだろうけど、なかなか探してまで行く機会がないからなぁ、いい経験になったのは間違いないな。

 

熱海に来たらマストな食べ物!という感じでは無いものの、地元の人に愛される名店という、どこかのんびりとした空間と優しい味のカレーを楽しめ、とてもいい食事を頂くことが出来た。

 

 

ごちそうさまでした!

 

カツカレー:1,050円

また行きたい度:★★★☆☆(星3つ)

 

スポンサーリンク

 

お店の場所や情報

 

下記の公式HPにはカレー以外のメニューも多く掲載されており、とても美味しそうなラインアップとなっている。

自分が行ったときは気づかなかったけど、他のメニューもあったのなら食べてみたかったなぁ。

 

 

お店情報

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

住所  :〒413-0013 静岡県熱海市銀座町5−10
最寄駅 :JR熱海駅から徒歩15分ほど
TEL :0557-82-3111
営業時間:昼の部 / 11:00-14:30  夜の部 / 17:00-19:00
定休日 :木曜日
URL  :宝亭

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★